【サッカー】ベッカム夫妻、ウクライナ支援に1億5000万円寄付 プレミアリーグはロシアでの放送停止 

デビット・ベッカム(左)とヴィクトリア・ベッカム(C)Getty Images

ロシアによるウクライナ侵攻が続く中、スポーツ界ではロシア排除の動きが進んでいる。その中でサッカー・プレミアリーグは、ロシアのブロードキャスティングパートナー「Okkoスポーツ」との契約を一時停止したと発表した。この結果、ロシア国内でプレミアリーグを視聴することはできなくなった。また、サッカー界のレジェンド、デビッド・ベッカム氏もウクライナに約1億5000万円を寄付した。

◆【インスタグラムの投稿】ベッカム、ウクライナ支援に1億5000万円寄付 「罪のない子供たちを支援するために、皆さんも参加してくださったら、とてもありがたい」

■リーグとして強く非難

プレミアリーグは8日(日本時間9日)、声明を発表。「プレミアリーグとその加盟クラブは本日、ロシアの放送パートナーであるランブラー社(Okko Sport)との契約を即時停止し、ウクライナの人々を支援するために100万ポンド(約1億5000万円)を寄付することに全会一致で合意しました」とした。さらに、「リーグは、ロシアのウクライナ侵攻を強く非難します。私たちは平和を求め、影響を受けたすべての人々に思いを寄せています」と立場を鮮明にした。なお、100万ポンドの寄付金は、災害緊急委員会(DEC)に寄付され、人道支援を必要としている人々に直接届けられる予定だという。

プレミアリーグは先週末の試合でもウクライナへの連帯を示し、全クラブのキャプテンがウクライナの国旗カラーで作られた特別な腕章を着用。スタジアムのスクリーンには、ウクライナ国旗の青と黄色を背景に「Football Stands Together」という文字を表示した。

また、英紙「マンチェスター・イブニング・ニュース」や「ミラー」などによると、元イングランド代表MFデビッド・ベッカム、ヴィクトリア・ベッカム夫妻が、ユニセフに設置した「7:ザ・デイビッド・ベッカム・ユニセフ基金」を通じて、ウクライナに寄付を行ったという。「ミラー」によると、金額は100万ポンド(約1億5000万円)に及ぶ。

ベッカムは、同基金のホームページや自身のインスタグラムを通じて、「罪のない子供たちを支援するために、皆さんも参加してくださったら、とてもありがたいです」とメッセージを発し、戦禍で苦しむウクライナの子供たちのために支援を呼び掛けた。

◆元世界ランク1位、アンディ・マリーがウクライナ支援に賞金全額寄付 国際テニス連盟なども8000万円拠出

◆「君のことを考えている」ジョコビッチ、ウクライナで戦闘参加の元選手に支援約束 テニス界に連帯の輪

◆「ウクライナ人は死を選ぶ」泣き続けるジンチェンコ、声をあげないロシア選手を批判

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします