【プロ野球】海を超える佐々木朗希の衝撃 ピッチングニンジャも称賛「安打不可能なスプリット」

(C)Getty Images

10日のオリックス・バファローズ戦で28年ぶりに完全試合を達成し、先発した17日の日本ハム・ファイターズ戦(ZOZOマリン)でも8回まで1人の走者も許さなかったロッテ佐々木朗希。17イニング、打者52人連続アウト継続中の「令和の怪物」を巡り、米メディアの報道も過熱している。

◆【実際の映像】佐々木朗希が8回102球14奪三振、“幻の2試合連続完全試合”ハイライト

■米メディアはフォークに注目「打つのは不可能」

17日の日本ハム戦に先発登板し、8回まで打者24人をパーフェクトに封じた佐々木朗。10日のオリックス戦に続き、2試合連続の完全試合が目前に迫る中、100球を超えたところで、疲労を考慮し、9回から交代した。

2試合連続で“完全投球”を行った右腕について、17日(日本時間18日)にメジャー通算80勝を達成したダルビッシュ有(サンディエゴ・パドレス)も会見でコメント。「いや~ちょっとヤバ過ぎる」と笑みを浮かべると、続けて「世界でナンバー1の抑えの投手が9イニングを投げているようなもの。なので、すごく打ちづらいですし、実際に打てていないですし、色んな意味ですごいと思います」と賛辞を贈った。

佐々木の投球に関して、米国では160キロ超の速球も称賛されているが、高速フォークへの注目度が高い。「ピッチングニンジャ」の愛称で知られるロブ・フリードマン氏は、「ロウキ・ササキの安打不可能なスプリット」とつづり、映像とともに投稿。そして、19奪三振での完全試合を達成した次の登板で、8回パーフェクト(14奪三振)のまま交代した投球については「狂気の沙汰」と驚きを表現した。

「CBS sports」は集計したデータとして、「ササキのスプリッターは91.2マイル(約147キロ)で、2.30インチ(約6センチ)縦方向に動き、7.80インチ(約20センチ)左右に動く」と変化量を提示。速度はロッテの先輩であり、ボストン・レッドソックスの澤村拓一に次ぐ2番目の速さであると紹介。また、変化量ではセントルイス・カージナルスのブレイク・パーカー(縦2.9インチ・左右7.40インチ)と比較した。

佐々木の次回登板は、24日のオリックス戦(京セラドーム)の予定。完全試合を決められ、リベンジを期す相手にどんな投球を披露するのか。日米で注目が集まっている。

◆“The Monster of the Reiwa”佐々木朗希の完全試合を米メディアも特集「唯一無二の歴史的パフォーマンス」

◆【先週の完全試合映像】13者連続奪三振、1試合19奪三振…若きバッテリーで達成した、佐々木朗希の完全試合ハイライト

◆佐々木朗希、人類史上初、幻の2試合連続完全試合 52打者連続アウトの世界記録は更新中

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします