【プロ野球】佐々木朗希、人類史上初、幻の2試合連続完全試合 52打者連続アウトの世界記録は更新中

イニングが進むにつれて、ますます釘づけになった。

1週間前に完全試合を達成したばかりのロッテ佐々木朗希がまたもパーフェクトピッチングを続けている。前回登板に比べて「制球、球質がよくなかった」と試合後に振り返ったが、それでも163キロのファーストボールとスプリットの切れ味は抜群。人類史上初の2試合連続完全試合達成の期待が高まった。

◆【実際の映像】佐々木朗希が8回102球14奪三振、幻の2試合連続となる完全試合ハイライト

ところが8回が終了後、井口資仁監督がベンチから現れると、なんとピッチャー交代を告げてしまった。満員の観客で埋まったマリンスタジアムは大きな落胆の溜め息に包まれた。試合後、指揮官は「7回終了時点でちょっとへばりつつあった」「試合前から100球と決めていた」「8回に得点をしていても代えた」と交代の理由を述べた。

■選手の将来と記録達成に立ち会う醍醐味

しかし、ファン心理からすれば簡単には納得できない。やはり9回の投球を「観たかった」というのが本音だろう。「2試合連続完全試合」はマンガの世界でしかありえない、長いメジャーリーグの歴史にもない夢の偉業。今後、2度と起こらない可能性もある。球場に来た少年ファンにしてみれば、一生語れる思い出になったはずだ。対戦チームの新庄剛志監督ですら、「(ファンとして)あと1イニング見たかった」とコメントしている。

「選手の将来」は理解できる。だが、プロ野球選手である限り、ファンを喜ばせることが最優先とではないのか。素晴らしい記録に立ち会うことは、スポーツ観戦の醍醐味でもある。

元巨人の江川卓さんが現役時代、100球を目処に降板するようになったときは「100球肩」と揶揄された。果たして「100球」に医学的な根拠はあるのだろうか。もう一度考えさせられる試合だった。この日の8回までの佐々木の投球数は102球だった。

■大きな物議を醸した落合監督の采配

達成寸前でパーフェクトゲームを逃した「完全未遂」は、過去にもある。まず、思い出されるのが、2007年11月1日に行われた中日ドラゴンズと日本ハム・ファイターズの日本シリーズ第5戦。ドラゴンズは53年ぶりの日本一に王手をかけ、大切な試合のマウンドを山井大介に託した。

山井は本拠地で完璧なピッチングを披露し、8回終了までファイターズをパーフェクトに抑えていた。史上初の日本シリーズでの完全試合達成かと思われた9回表、落合監督はリリーフエースの岩瀬仁紀をマウンドに送った。異様な雰囲気の中で、岩瀬はファイターズの攻撃を3人で終わらせ、「完全リレー」を達成させた。

MLBでは1956年、ニューヨーク・ヤンキースとブルックリン・ドジャースの「サブウェイ・シリーズ」となったワールドシリーズ第5戦、ヤンキースのドン・ラーセンが完全試合を達成。WSで唯一の記録となっているが、日本シリーズにおける記録は、今もってない。

勝ちにこだわった落合監督の采配は、今日以上に物議を醸した。後年、落合は著書の中で「山井は指のまめを潰して出血していた」と明かした。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします