【天皇賞】2番人気タイトルホルダーが7馬身差で完勝

「天皇賞(春)・G1」(1日、阪神) 2番人気タイトルホルダーが堂々と逃げ切り勝ち、昨年の菊花賞に続…

【実際の映像】タイトルホルダーが圧巻の7馬身差V「天皇賞・春2022」を動画でプレーバック

■天皇賞・春2022レース結果・SPREADコラム結果

先週のフローラSに続き「危険な人気馬」西舘が本命とした2番人気1着のタイトルホルダー、相手にした1番人気2着のディープボンドと推奨馬が2週連続で1・2着に入る見事なジャッジだった。また、4番人気3着のテーオーロイヤルを「追い切り」西村がS評価とズバリ。

→→→表の続きは右側へスクロール→→→

着順 馬名 人気 単勝 調教・西村 データ・田原 騎手・伊藤 穴馬・山田 穴馬・西館 血統・中井
1 タイトルホルダー 2 4.9 ×[B評価] ×[非推奨] ◯[推奨]
2 ディープボンド 1 2.1 ◯[A評価] ◯[推奨] ◯[推奨] ◯[推奨] ◯[推奨]
3 テーオーロイヤル 4 9.9 ◯[S評価] ×[非推奨]
4 ヒートオンビート 5 12.4 ×[推奨] ×[推奨] ×[推奨]
5 アイアンバローズ 3 7.8 ×[推奨]

※◯=推奨馬で1~3着、または非推奨で4着以下
※×=推奨馬で4着以下、または非推奨で1~3着


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします