【格闘技】米国修行中の朝倉海、「UFCではなく……」 7.2沖縄アリーナ「RIZIN.36」で復帰戦

(C)RIZIN FF

+WEED presents RIZIN LANDMARK vol.3」は5日、配信特化イベントとして開催され、第2試合終了後にRIZIN榊原CEOがマイクを取り、7月2日に沖縄アリーナで「湘南美容クリニックpresents RIZIN.36」の開催を発表した。

沖縄アリーナでRIZIN大会が行われるのは、2021年11月20日「RIZIN.32」以来、2度目となる。

◆【速報中/RIZIN LANDMARK vol.3】5月5日 対戦カード、試合結果、中継情報一覧

■朝倉海、沖縄アリーナで復帰

発表の中で、榊原CEOは「朝倉海選手の復帰戦、残念ながらUFCではなく……」とし、元RIZINバンタム級王者・朝倉海の復帰戦を予定しているとのこと。朝倉は昨年大晦日の「RIZIN.33」でバンタム級JAPANグランプリに参戦し、決勝で扇久保博正に判定負け。準決勝の瀧澤謙太戦で右拳を骨折したことを明かした。

朝倉は骨折が完治後、4月中旬からアメリカ修行を敢行し、かつてタイトルマッチで対戦したマネル・ケイプをはじめ、UFCファイターとの練習風景やアメリカの生活を自身のSNSを通じて公開していた。

◆【実際の動画】朝倉海、戦友マネルケイプとジャグジーでくつろぐオフショットを披露

◆【RIZIN LANDMARK vol.3】無冠の帝王クレベル・コイケの「弱点」を突く 萩原京平との一戦はフェザー級“戦国絵巻”の序章

◆【速報中/RIZIN LANDMARK vol.3】5月5日 対戦カード、試合結果、中継情報一覧

文・工藤愛梨(SPREAD編集部)


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします