【MLB】大谷翔平は「最も市場価値の高い選手」 スポンサー契約は史上最多の17社で13社のジャッジを圧倒

エンゼルス・大谷翔平(C)ロイター/USA TODAY Sports

世界一の座を巡り、フィラデルフィア・フィリーズとヒューストン・アストロズによるワールドシリーズの熱戦が繰り広げられる中、興味深いレポートが話題となっている。

世界有数の広告関連プラットフォーム『Sponsor United』が公開したのは、今年のMLBにおけるマーケティングデータ。それによると、大谷翔平ロサンゼルス・エンゼルス)は17社とスポンサー契約を締結し、今季のMVPを争うアーロン・ジャッジニューヨーク・ヤンキース)を凌駕したという。

◆大谷翔平、米メディアの「不滅の記録」TOP5に選出される 他4項目には歴代レジェンドがずらり

■スポンサー料は2000万ドルか

二刀流への投資がさらに活発化したようだ。『Sponsor United』によると、大谷は今季17社とスポンサー契約を締結。これは、ジャッジが昨季結んだ13社を抜きMLB史上最多になったという。

レポートは「グローバルアイコンでありMLBのスターでもあるショウヘイ・オオタニがスポンサー契約の新記録を樹立」という見出しで始まり、「彼はGQやTimeといった有名総合誌のほか、老舗スポーツ誌Sports Illustrated、人気ゲームMLB The Showの表紙を飾り、スポンサー契約による収入を昨年の3倍に増やした」と指摘。その収入は2000万ドル(約29億5000万円)に達すると推定した。

■エンゼルスタジアムに日本企業22社

また、「昨季のア・リーグMVPはエンゼルスタジアムに日本企業22社の広告出稿を誘致した」と紹介。それらを踏まえ、「Sho timeは近年のメジャーリーガーの中で最も市場価値のある選手だ」と結論付けた。一方、ジャッジは今年62本塁打を放ち、ア・リーグ新記録をマークしたにもかかわらず、「トップ5にも入っていない」という。

そのほか、チーム別のスポンサーシップではシンシナティ・レッズがトップに輝いた。レッズは今年200社と契約し、MLBで3年連続最もスポンサードされたチームとなったという。2位はニューヨーク・ヤンキースで約170社、3位はボストン・レッドソックスで150社以上のスポンサーを獲得したという。ワールドシリーズ最多優勝(27回)を誇り、MLBで最も価値あるフランチャイズと考えられているヤンキースだが、市場価値という点ではレッズに譲った形だ。

◆「遊んで暮らせるとは素敵」と大谷翔平、トラウトに暴言!? 地区S先勝ヤ軍エースのゲリット・コールが物議

◆大谷翔平、米国で繰り返し浮上するカマラニ・ドゥンとの恋仲説とその背景

◆エンゼルス、史上最高額で売却か “大谷翔平効果”で約262億円が約4350億円へ球団価値激増

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします