【カタールW杯】識者が日本代表ドイツ戦を展望 カギ握る“バイエルンブロック”と19歳新星ムシアラ

 W杯での飛躍が期待される19歳のムシアラ(C)Getty Images
W杯での飛躍が期待される19歳のムシアラ(C)Getty Images

FIFAワールドカップカタール2022が20日に開幕した。

森保一監督率いる日本代表は、23日にドイツとのグループリーグ初戦を迎え、27日にコスタリカ、12月2日にスペインとそれぞれ対戦する。森保ジャパンの集大成となる戦いが始まる中、今回はドイツ在住歴があり、長年日本サッカーを追ってきたスポーツライターの木崎伸也氏に、日本が初戦で挑むドイツ戦の展望と、森保ジャパンがこの一戦を迎える上でのポイントを聞いた。

木崎伸也(きざき・しんや)

●スポーツライター。小説家。漫画原作者

1975年、東京都出身。金子達仁氏主宰の塾を経て、スポーツライターに。2002年にオランダに移住し、03年から6年間ドイツを拠点にして欧州サッカーを取材した。各媒体に寄稿する一方で小説家、漫画原作者としても活動中。著書に『サッカーの見方は1日で変えられる』(東洋経済新報社)、『直撃 本田圭佑』(文藝春秋)など。漫画『フットボールアルケミスト』(白泉社)が文化庁メディア芸術祭・漫画部門審査委員会推薦作品に選出。

◆【カタールW杯】識者が日本代表GSを展望 決勝T進出へ求められる森保監督の“大胆采配”と絶対的司令塔

■左SBは長友か伊藤か

日本は17日にカナダと本大会前最後の親善試合を行い、1-2で敗れた。怪我で戦線離脱していた板倉滉や浅野拓磨、田中碧といった選手たちが先発し、チーム全体としてのコンディション維持が大きな比重を占めたこの試合。木崎氏は「攻撃の形ができてないとか、相手が3バックに変化した時の日本の守備の仕方はやや不安」としつつも、「結果については不安視する必要はない」と語る。

ドイツとの対戦において、ベースとなるのは9月の欧州遠征でアメリカと戦ったメンバーだ。

森保監督はW杯アジア最終予選で採用してきた[4-3-3]から、フランクフルトで好調を維持する鎌田大地をトップ下に据えた[4-2-3-1]に布陣を変更。前線からの連動したプレッシングやショートカウンターが機能し、2-0で勝利を飾った。冨安健洋や遠藤航、守田英正といった選手がカナダ戦で不在だった点は気がかりだが、チームとして手応えを得たこの布陣と戦い方が、「9月に話し合って形が見えた」とし、「怪我人が戻ってきていたらあのメンバーだと思います」とドイツ戦でも基本になってくると木崎氏は予想する。

その中で焦点となるのが左SBの人選。アメリカ戦で先発した中山雄太がアキレス腱負傷の重傷を負いメンバー外に。現状の選択肢として考えられるのが長友佑都伊藤洋輝となった。木崎氏はW杯初戦で経験が求められることや、マッチアップの可能性があるセルジュ・ニャブリヨナス・ホフマンといった縦に速いウインガーへの対応を考えて、「安定感を重視して長友選手じゃないかなと思います」と4大会連続出場のベテランをスタメンに推奨。「セットプレーのことを考えると背が高くて計算できる」という伊藤は、後半の60分~70分からの途中出場が考えられるとしている。

■バイエルンが直近の公式戦で10連勝

一方のドイツは17日にオマーンと親善試合を行い、1-0の辛勝。ドイツ国内では批判の声も挙がったというが、「サブ組のベースアップと初招集の選手のテスト、怪我明けの選手のコンディショニング」が重要なウェイトを占めたこの試合の本大会への影響は少ないと木崎氏は見ている。また、ブラジルやアルゼンチン、フランスといった優勝候補とされる国より下馬評では劣ると言われるものの、主軸を担うバイエルン・ミュンヘンの選手たちが直近の公式戦10連勝で、好調を維持してW杯に乗り込んでいる。「2014年も優勝候補ではなかったのに優勝した。ダークホースとして上位に勝ち上がる可能性はある」と木崎氏は指摘する。

木崎氏にドイツのスターティングメンバーを予想してもらった。中盤には“バイエルンブロック”を採用し、GKのマヌエル・ノイアーを含めて6人のバイエルン所属選手の先発を見込んでいる。焦点となるのが両SBの人選で、右サイドがティロ・ケーラールーカス・クロスターマン、左サイドをダヴィド・ラウムクリスティアン・ギュンターが争っている。所属クラブでのパフォーマンスと怪我によるコンディションを考慮して、右にケーラー、左にギュンターが入るとみている。

タレントをそろえたドイツの中でも最大の脅威になり得るのが、バイエルンのジャマル・ムシアラ

19歳の新星は今季のブンデスリーガでリーグ4位の9ゴールを挙げるなど急成長を見せており、独特なタッチの柔らかさや狭いスペースでもボールを失わないドリブルで、日本守備陣を混乱に陥れる可能性は十分。2010年の南アフリカ大会ではメスト・エジルが台頭し、大会終了後にブレーメンからレアル・マドリードに移籍した。木崎氏は「当時のエジルの注目度を考えると、今回のムシアラのほうがパフォーマンスはさらに上だなと思います」と太鼓判を押し、「今大会がもしかしたら『ムシアラの大会』となるかもしれない」と期待をかける。

カタールW杯に出場する日本代表(C)Getty Images


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします