Advertisement

【RISE × SHOOT BOXING】伊藤隆代表と緒形健一代表がクリスマスの見どころを解説 対GLORYの大一番や威信をかけた対抗戦に迫る

クリスマスの見どころについて語ったシュートボクシング緒形健一代表(左)とRISE伊藤隆代表 撮影:SPREAD編集部
クリスマスの見どころについて語ったシュートボクシング緒形健一代表(左)とRISE伊藤隆代表 撮影:SPREAD編集部

立ち技格闘技イベント『Cygames presents RISE WORLD SERIES / SHOOT BOXING-KINGS 2022』が25日、東京・両国国技館で開催される。クリスマス開催ということもあり、“聖夜の最狂決定戦”と銘打たれ数々の豪華カードが並ぶ。

◆伊藤隆代表と緒形健一代表が目指す“次世代の格闘技興行”、クリスマス開催のビッグマッチを読む

■クリスマスの「RISE WORLD SERIES / SHOOTBOXING-KINGS」

何よりも興味深いのは、RISE vs. シュートボクシング(以下SB)のルールの垣根を超えた、トップファイター同士の対決だ。

Advertisement

通常、RISEはワンキャッチワンアタック(相手の蹴り足を掴んで殴ったり、足を払ったりする攻撃は、1回の攻防につき1度は有効)のキックボクシングルール。一方のSBは、パンチ・キック・投げ技・立関節技を認めた立ち技総合格闘技。両団体の選手が、相手リングのルールに挑戦するため、どのような戦いになるのか楽しみだ。

さらには、海外のメジャーキックボクシング団体GLORYとの対抗戦も決定。両団体のサムライが、海外強豪選手たちを迎え撃ち、威信をかけた戦いに挑む。

開催を前にRISE伊藤隆代表とシュートボクシング緒形健一代表に各対戦カードの見どころを語ってもらった。

Advertisement

■RIVALS RISE vs. GLORY対抗戦 見どころ

RISE vs. GLORYの大注目の対抗戦は「RIVALS」とタイトルづけられた。日本で強さを極めた猛者たちが、まだ見ぬ海外の“ライバル”たちを迎え撃つ。

GLORYについて、伊藤代表は「キックボクシングの中では最高峰だと思う」と評価。「1番強いのはヘビー級ですよね。最終的には上の階級まで勝負したい。本音を言うと(GLORYは)80kg以上ですが、現状日本人ではまだまだ太刀打ち出来ない。でも可能性を見出していく。まずは 65kg、70kg から総なめにしてきたい」と意気込み、世界に羽ばたく日本人中量級ファイター育成を目指していく。

Advertisement

■スーパーライト級(−65kg)●原口健飛(RISE)vs.セルゲイ・アダムチャック(GLORY)

RISE WORLD SERIES / SHOOTBOXING-KINGS 2022

(C)RISE WORLD SERIES / SHOOTBOXING-KINGS 2022

「原口がペットパノムルンと3回目の対戦を目指す中では、ちょうど良い指針となる試合です。彼は『世界とやっていきたい』と話していて、そういう意味でも日本代表としての戦いを見せて欲しいです」(伊藤代表)。

本来は、ザカリア・ゾウガリーとの対戦が決まっていた原口健飛だが、ゾウガリーの怪我により対戦相手がセルゲイに変更となった経緯がある。伊藤代表は「ザカリアより強い相手になったと思う。苦戦をするとは思うけど、しっかり白黒をつけて欲しい」と期待を寄せる。

原口がリベンジを目指す、初代RISE世界スーパーライト級王者ペットパノムルン・キャットムーカオとの現時点での実力差について、「これまでペット選手が戦った相手の中でも、原口が1番苦しめたんじゃないかな。なので後一歩。前回の負けの経験も活かして、彼自身も掴んだものがある。射程圏内に入っていると思う」とした。

原口は、20年に日本人トップがそろう「RISE DEAD OR ALIVE 2020 -63kgトーナメント」を制覇して国内最強を証明した。その後、世界最強の呼び声も高い、ペットパノムルンと2度対戦したが、いずれも敗北。3度目の対戦へ向けて、元GLORY王者撃破へ燃える。空手仕込みの三日月蹴りやバックスピンキック、卓越したパンチテクニックで実力差を見せ、勝利を収めることができるか。

■ミドル級(−70kg)●海人(RISE/SB)vs.ストーヤン・コプリヴレンスキー(GLORY)

RISE WORLD SERIES / SHOOTBOXING-KINGS 2022

(C)RISE WORLD SERIES / SHOOTBOXING-KINGS 2022

海人は、今年6月『THE MATCH 2022』でK-1王者・野杁正明を撃破し、国内最強を証明した。その後、海外強豪を相手に2連勝を挙げ、遂にGLORY世界ライト級1位ストーヤンに挑むことになった。

ストーヤンについて、緒形代表は「オランダの選手でコンビネーション、フィジカルが強い選手」と解説し、「海人は65kgから階級を上げた選手で、海外の選手は80kgほどから落としてくる」という。海人が海外選手特有の体幹やフィジカルの壁をどうぶち破るかがこの試合のポイントになるだろう。

今回、派手なKO勝ちを収めれば、現GLORYライト級王者ベズタティとの対戦を手繰り寄せる可能性も。「圧倒的に勝てば、次のステージが見えてくる。対世界というキーワードで日本の底力を見せて欲しい。25歳であの戦績(55戦48勝21KO6敗1無効試合)、ほとんどが“vs. 世界”という経験は今後プラスになる。もっと魅力のある選手になっていくと思いますね」(緒形代表)。

■山田洸誓 Final Match スーパーライト級(−65kg)●ペットパノムルン・キャットムーカオ(GLORY)vs.山田洸誓(RISE)

RISE WORLD SERIES / SHOOTBOXING-KINGS 2022

(C)RISE WORLD SERIES / SHOOTBOXING-KINGS 2022

RISEのリングで数々の名勝負を生んできた、山田洸誓が遂にリングを去る。

空手仕込みの強烈な打撃で、第4代RISEスーパーライト級王座を戴冠。今年6月の『THE MATCH 2022』では安保瑠輝也と対戦し名を挙げ、今年8月にはGLORY世界フェザー級5位のヤン・カッファを剛腕フックでKO。キャリアピークの状態で、引退試合を迎えることになった。

「強い相手にぶつけるな、と思われるかもしれないけど、俺がファイターだったら絶対嬉しいです。山田は今が1番良い時で空手とキックボクシングが融合している、これから更に伸びると思います。パンチでも倒せるし、もしかしたらというのもあるし。勝っちゃったら、引退伸ばすんじゃないですか…。そんなことを密かに望んでいたりしますけど(笑)。試合でしっかり出し切って、完全燃焼して欲しいですね」(伊藤代表)。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします