Advertisement

【ダカール・ラリー】2日目 カルロス・サインツ Sr.が42度目のステージ制覇 トヨタは6位スタート

 

【ダカール・ラリー】2日目 カルロス・サインツ Sr.が42度目のステージ制覇 トヨタは6位スタート
ダカール・ラリー2023ステージ1を制したカルロス・サインツSr.のアウディRS Q e-tron E2 (C) A.S.O./C.Lopez

世界ラリーレイド選手権(W2RC)開幕戦ダカール・ラリー2023は1日、競技区間となるステージ1がサウジアラビア紅海沿いのヤンブー近郊行われ、カルロス・サインツ Sr.(チーム・アウディ・スポーツ)が通算42度目となるステージ制覇を飾り、2日目で総合首位に立った。

◆ダカール・ラリー2023が開幕 初日はアウディがトップ・タイム、トヨタ勢は三菱以来の連覇なるか

■ラリー界のレジェンドが1-2フィニッシュ

全12本のスペシャルステージ(SS)のスタートとなるステージ1はラリーレイドの起点となるシーキャンプを出発し、南側の海岸線から山間地を巡るルートで、シーキャンプへと戻るループ。SSの距離は367km、総走行距離600km以上、岩場から砂丘までバラエティに富んだチャレンジングなステージ。

ダカール3度制覇のサインツは序盤、パンクに見舞われるも見事なリカバリーを見せ首位でフィニッシュ。2位にはWRC9連覇を誇るセバスチャン・ローブ(バーレーン・レイド・エクストリーム)が付け、ラリー界のレジェンドによる1-2フィニッシュとした。3位にはGRダカール・ハイラックスT1+を駆る地元サウジアラビアのヤジード・アル-ラジ(オーバードライブ・レーシング)が入った。

ステージ1を終え6位と出遅れ、渋い表情のトヨタのナッサー・アル-アティヤ (C) A.S.O./J.Delfosse/DPPI

前日のプロローグランで4番手につけたTOYOTA GAZOO Racingナッサー・アル-アティヤは、7番手でスタート。序盤は安定したペースで走行を続けるも終盤、ナビゲーションの難しいセクションでタイムをロスし、首位と7分17秒差の6位でステージ1を終えた。

パリダカール・ラリーから数え45度目の開催となる同ラリー、日本勢としては三菱以来の連覇がかかるトヨタと自身5度目の制覇を目指す、アル-アティヤにとって、やや厳しいスタートとなったようだ。

ステージ1(2日目)結果

1. CARLOS SAINZ Sr.(TEAM AUDI SPORT)03H 28′ 55”
2.SEBASTIEN LOEB(BAHRAIN RAID XTREME)+ 00′ 10”
3.YAZEED AL RAJHI(OVERDRIVE RACING)+ 02′ 01”
4.GUERLAIN CHICHERIT(GCK MOTORSPORT)+ 02′ 03”
5.ORLANDO TERRANOVA(BAHRAIN RAID XTREME)+ 07′ 05”
6.NASSER AL-ATTIYAH(TOYOTA GAZOO RACING)+ 07′ 17”
7.BRIAN BARAGWANATH(CENTURY RACING FACTORY TEAM)+07′ 51”
8.STÉPHANE PETERHANSEL(TEAM AUDI SPORT)+ 08′ 51”
9. JAKUB PRZYGONSKI(X-RAID MINI JCW TEAM)+ 08′ 54”
10.HENK LATEGAN (TOYOTA GAZOO RACING)+ 11′ 45”

◆【ダカール・ラリー2023】特集 トヨタが狙う三菱以来となる日本勢連覇 最新ニュース一覧

Advertisement


◆【ダカール・ラリー】TOYOTA GAZOO Racing 2連覇、ナッサー・アル-アティヤ5度目の制覇なるか 2023年開幕へ

◆TOYOTA GAZOO Racingのナッサー・アルアティヤ組が総合優勝「最高の気分!」 アリ・バタネンの4度制覇に並ぶ

文●SPREAD編集部