Advertisement

【WBC】「日本野球の魂を活かす」侍ジャパン、最終メンバー30人発表 栗山監督「世界一」と目標掲げる

 

WBCメンバー30人を発表した侍ジャパン・栗山英樹監督
WBCメンバー30人を発表した侍ジャパン・栗山英樹監督(撮影:SPREAD編集部)

3月8日に開幕する「2023 WORLD BASEBALL CLASSIC」WBC/ワールド・ベースボール・クラシック)の記者会見が26日、都内で行われ、栗山英樹監督が登壇。侍ジャパンの招集メンバーが発表された。

【一覧/完全版】ついに最終メンバー30人が確定……侍ジャパン登録予定選手&スタッフ一覧

■山田、吉田らが名を連ねる

6日には大谷翔平(ロサンゼルス・エンゼルス)やダルビッシュ有(サンディエゴ・パドレス)らが第1次メンバーに名を連ねていた。

この日は前回大会メンバーで、東京五輪金メダル獲得に貢献した山田哲人(東京ヤクルト・スワローズ)や、今オフMLB入りした吉田正尚(ボストン・レッドソックス)、日系選手としては初の代表入りとなるラーズ・ヌートバー(セントルイス・カージナルス)などが名を連ね、最終メンバー30人が出揃った。

栗山監督は選出ポイントについて「日本野球の魂、それを活かし続ける野球を考えた。ピッチャーを中心とする守りの野球。最後に投手の15人を考えた。自分の中でこれが作りやすいんじゃないか。世界一を目指して戦いたい」とコメント。

選出時には各選手に電話したといい、「選手と戦っていきましょうと覚悟をもって電話した。つながったときの緊張感はあったし、その選手たちの思いを胸に勝ち切れるようにしたい」と述べた。

カギとなる試合については「全てです」と答え、「そんなに(試合が)多くあるわけではない。全部の試合で勝負と思って戦っていきたい」と言及。

WBCの目標については「世界一、それだけです」と力強く語り、3大会ぶりの戴冠に向けて意気込んだ。

招集メンバーは2月17日から10日間、宮崎県のひなたサンマリンスタジアム宮崎などでキャンプを実施。2月末から3月上旬に練習試合などを行い、3月9日から「カーネクスト 2023 WORLD BASEBALL CLASSIC 東京プール」に挑む。

Advertisement


侍ジャパン・追加発表メンバー

松井裕樹(東北楽天ゴールデンイーグルス)
栗林良吏(広島東洋カープ)
湯浅京己(阪神タイガース)
大勢(読売ジャイアンツ)
宮城大弥(オリックス・バファローズ)
宇田川優希(オリックス・バファローズ)
高橋奎二(東京ヤクルト・スワローズ)
高橋宏斗(中日ドラゴンズ)
伊藤大海(北海道日本ハムファイターズ)

中村悠平(東京ヤクルト・スワローズ)
大城卓三(読売ジャイアンツ)

山田哲人(東京ヤクルト・スワローズ)
山川穂高(埼玉西武ライオンズ)
周東佑京(福岡ソフトバンク・ホークス)
中野拓夢(阪神タイガース)
岡本和真(読売ジャイアンツ)

吉田正尚(ボストン・レッドソックス)
ラーズ・ヌートバー(セントルイス・カージナルス)

侍ジャパン・一次発表メンバー

◆1月6日記者会見で発表

2 源田壮亮(埼玉西武ライオンズ)
3 牧秀悟(横浜DeNAベイスターズ)
8 近藤健介(福岡ソフトバンク・ホークス)
10 甲斐拓也(福岡ソフトバンク・ホークス)
11 ダルビッシュ有(サンディエゴ・パドレス)
12 戸郷翔征(読売ジャイアンツ)
14 佐々木朗希(千葉ロッテ・マリーンズ)
16 大谷翔平(ロサンゼルス・エンゼルス)
18 山本由伸(オリックス・バファローズ)
21 今永昇太(横浜DeNAベイスターズ)
51 鈴木誠也(シカゴ・カブス)
55 村上宗隆(東京ヤクルト・スワローズ)
※数字は背番号

◆特集:“史上最強”侍ジャパンが世界一奪還へ 対戦カード・日程・放送予定・メンバー一覧

Advertisement


◆侍ジャパン入りラーズ・ヌートバーって誰… 日本語習得にも意欲、日本人の母と一緒に「君が代」斉唱の練習中

◆侍ジャパン、メンバー平均年齢は過去最年少27歳 WBC初出場は26人、ダルビッシュ有が最年長

文●SPREAD編集部