【MLB】大谷翔平、2試合連続特大弾に「地球人じゃない」と現地実況も驚愕 131メートル“勝ち越し”2号2ラン

 

【MLB】大谷翔平、2試合連続特大弾に「地球人じゃない」と現地実況も驚愕 131メートル“勝ち越し”2号2ラン
今季2号を放ったエンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は3日(日本時間4日)、敵地でのシアトル・マリナーズ戦に「3番DH」で先発出場。5回の第3打席に2試合連続となる今季2号を放った。

◆【実際の映像】大谷翔平、2試合連続特大弾に「地球人じゃない」2号2ラン エンゼルス勝ち越しに成功

■大谷らしい特大2ラン

前日アスレチックス戦で今季1号を放ったばかりの大谷が、再び快音を鳴らした。

2-2の同点、5回無死一塁の場面で迎えた第3打席、相手先発ジョージ・カービーの投じた3球目、チェンジアップを強振。打球は中堅スタンドへ突き刺さり、今季2号2ランとなった。打球速度は110.3マイル(約178キロ)、飛距離は431フィート(約131メートル)、打球角度は26度だった。

打った瞬間ホームランと分かる一発に、現地実況は「大谷、確信し打球を見送った」と解説。さらには「彼はこの惑星の生まれじゃない」と、地球人ではないと明言(?)した。4試合目で早くも2本塁打をマークした大谷の活躍からますます目が離せない。

試合は5回表終了時点、大谷のエンゼルスが4-2でリードしている。

◆【実際の映像】大谷翔平、2試合連続特大弾に「地球人じゃない」2号2ラン エンゼルス勝ち越しに成功

◆大谷翔平、今季1号に「どこまで飛ぶんだ」と実況も絶叫 136メートル「トラウタニ」アベック弾

文●SPREAD編集部

Advertisement