【MLB】大谷翔平が“元巨人右腕”を攻略 マイコラスからマルチヒットにタイムリーで打率は.304に

 

【MLB】大谷翔平が“元巨人右腕”を攻略 マイコラスからマルチヒットにタイムリーで打率は.304に
マイコラスからライトへのタイムリーを放った大谷翔平(C)ロイター/USA TODAY Sports

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は3日(日本時間4日)、敵地で行われるセントルイス・カージナルス戦に「3番DH・投手」でスタメン出場。マルチヒットを記録した。

◆【実際の映像】大谷翔平、“元巨人右腕”マイコラスから放った勝ち越しタイムリー 2打席連続ライト前へ

■2015年から巨人で3シーズンプレー

「打者・大谷」の前に立ちはだかるのはマイルズ・マイコラス。2015年から3シーズンにわたり読売ジャイアンツで活躍した“元NPB右腕”との対決が実現した。

大谷は2死走者なしで迎えた第1打席、初球の速球を捉えてライト前へヒットを放つと、3回に迎えた第2打席では1死一、三塁から4球目のシンカーを再びライトへ運ぶ。チームに2点目をもたらすタイムリーとなった。

さらに5回には無死一塁で3回目の対決が実現。ここはマイコラスが意地を見せ、ショートフライに打ち取った。

大谷はこれで3打数2安打1打点となり打率を.304に上げた。マイコラスは6回途中まで3失点でマウンドを降りた。

大谷は投げては3回までに8つの三振を奪う好発進を見せたが、4回にディラン・カールソンに本塁打を許すなど崩れ、逆転を許すことに。5回まで5安打13奪三振4失点で降板し、今季5勝目はならなかった。

◆【実際の映像】大谷翔平、“元巨人右腕”マイコラスから放った勝ち越しタイムリー 2打席連続ライト前へ

◆【実際の映像】初回から実現した“戦友対決” 大谷翔平がヌートバーから三振奪った85マイルのスイーパー

Advertisement


◆WBCで躍動した侍打者、4月の通信簿 大谷翔平は驚愕アーチ連発でチームトップタイ

文●SPREAD編集部