Advertisement

【PGA】全米プロで復調の気配を感じさせる松山英樹は何位に… 最新世界ランキング

 

【PGA】全米プロで復調の気配を感じさせる松山英樹は何位に… 最新世界ランキング
松山英樹(C)Getty Images

5月21日付けの男子ゴルフ世界ランキングが発表された。

男子ゴルフの世界ランキングは、過去2年で得た合計ポイントを出場試合数で割った数値の大きさで順位が決められる。また大会のレベル毎に獲得ポイントが設定されており、前週行われた国内男子ツアー第5戦「ゴルフパートナー プロ・アマトーナメント」では優勝者に5.08718ポイントが加算。4大メジャー大会の1つである「全米プロゴルフ選手権」では、優勝者に100ポイントが加算され、世界ランキングにも変動があった。

ここでは最新世界ランキングから注目の日本人選手を紹介する。

◆【最新】男子ゴルフ世界ランキング日本人上位10選手

■日本人の最新世界ランキング

全米プロで通算5オーバー、29位タイと徐々に調子を取り戻している松山英樹は、世界ランク25位と前週より1つ落とした。松山の今季ベストランクは「ザ・プレーヤーズ選手権」終了後の20位。怪我の影響もあり、「マスターズ・トーナメント」以降ランクを落としているが、全米プロでは松山らしさも戻ってきた。今後どこまでランクを戻せるか注目だ。

松山と同じく全米プロに出場し、60位タイで大会を終えた星野陸也は、先週よりランクを2つ上げ126位。同大会を76位で終えた比嘉一貴は、先週の99位から105位へランクを落とし、ベスト100から外れてしまった。

今季日本人選手の中では、蟬川泰果が大幅に世界ランクを上げている。蟬川は2023年初戦となった「ソニーオープン・イン・ハワイ」時点で298位だったが、先週の「ゴルフパートナー プロ・アマトーナメント」終了時点では174位までランクアップ。

蟬川は今季ルーキーイヤーながらすでに1勝を上げ、前週は2位タイで大会を終えるなど、国内男子ツアーの中で最も注目度の高い選手。これからどこまで世界ランクを上げていくのか、今後の活躍に期待したい。

なお、世界ランク1位には、全米プロで通算7アンダー、2位タイとなったスコッティ・シェフラー(アメリカ)が、ジョン・ラーム(スペイン)を押さえ1位に復帰。全米プロを制したブルックス・ケプカ(アメリカ)は、前週の44位から13位へとランクアップした。

Advertisement


◆【最新】男子ゴルフ世界ランキング日本人上位10選手

◆松山英樹、過去最高の“粘り強さ”とショット力で10年前のリベンジを狙う 全米プロゴルフ選手権

◆松山英樹のアプローチはなぜ寄る? 「イマジネーションに驚かされます」【タニタクに聞く】

文●SPREAD編集部