【MLB】大谷翔平、今季終了も日本人初の本塁打王獲得は濃厚 打率3割達成ならイチロー、松井秀喜以来3人目の快挙

 

【MLB】大谷翔平、今季終了も日本人初の本塁打王獲得は濃厚 打率3割達成ならイチロー、松井秀喜以来3人目の快挙
ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルスは16日(日本時間17日)、大谷翔平が今季の残りシーズンに出場しないことを発表した。

◆大谷翔平、本塁打王危惧のなかライバルが“急失速” 10試合欠場も日本人初の戴冠は安泰か

■自身初のシーズン3割達成

大谷は4日(同5日)、試合前の打撃練習で右わき腹を負傷。11試合連続で欠場が続いてきた。この日エンゼルスが大谷の故障者リスト(IL)入りと残り試合の欠場を発表し、2023年シーズンが事実上終わりを迎えた。

大谷は今季野手として135試合に出場し、打率.304、44本塁打、95打点、20盗塁の成績を残してきた。ア・リーグ首位を走る本塁打王のタイトルは2位のルイス・ロベルトJr.(シカゴ・ホワイトソックス)に9本差をつけており、このまま逃げ切ることが濃厚。自身初の打撃タイトル獲得は目前に迫っている。

また、打率は3割台に乗せており、規定打席にも到達。日本人選手では2010年に.315を記録したイチロー以来の規定打席到達による3割達成で、2001年から10年連続記録したイチロー、2005年に.305を記録した松井秀喜に続き、史上3人目となる。

一足早く今季終了となったものの、投手での10勝と合わせて記録的なシーズンとなった大谷。2度目のア・リーグMVP獲得も濃厚と言われ、日本人メジャーリーガーの歴史を新たに塗り替えることになる。

◆「野球史において最も印象的」大谷翔平、今季終了も識者はMVP獲得に太鼓判「これが非現実なシーズンの証」

◆「大谷翔平がボストンに興味」と重鎮記者 吉田正尚との“WBCタッグ再現”に期待も「慎重にリスクの考慮を」と地元メディア

◆大谷翔平は「エンゼルスで最後になるかもしれない」 今季終了で去就注目、現地記者が移籍の可能性示唆

Advertisement


文●SPREAD編集部