Advertisement

【MLB】大谷翔平が公式サイトの“新戦力10人”に選出「期待通りの結果」 圧巻デビューの今永昇太は「シカゴの先発に活力をもたらす」

 

Y.Imoto/SPREAD編集部

【MLB】大谷翔平が公式サイトの“新戦力10人”に選出「期待通りの結果」 圧巻デビューの今永昇太は「シカゴの先発に活力をもたらす」
大谷翔平(写真左)、今永昇太(C)Getty Images、ロイター

メジャーリーグは2024年シーズンが幕を開け、各チームが3、4月の試合を消化している。そんななか、MLB公式が新戦力10選を紹介し、日本人選手も名を連ねている。

◆大谷翔平、首位打者争う高打率に安打、二塁打も単独トップ 松井秀喜氏と並ぶ日本人最多本塁打更新まであと「1」

■首位打者争いを展開

MLB公式のトーマス・ハリガン記者は「オフシーズンから10人の追加選手がすでに大きな成果を上げる」と題した記事を掲載。今季の新戦力のなかで活躍している選手に言及している。

2番目に挙げられたのがドジャースの大谷翔平投手。ここまで23試合に出場し、打率はリーグ2位の.359で、4本塁打、11打点、5盗塁と安定した成績を記録。記事内では「オオタニはドジャースが世界のスポーツ史上で最も高額な契約を結んだ際、彼らが期待していた通りの結果をもたらしている」と言及し、ドジャース打線の中心を担うスーパースターの活躍を称えている。

また、5番目に名を連ねたのがこの日無傷の3勝目を挙げたカブスの今永昇太投手。デビューから3試合で自責点ゼロ、計4試合の登板で3勝0敗、防御率はナ・リーグ首位の0.84に君臨する左腕に対し、「イマナガは日本からメジャーへ素早く適応」「シカゴのローテーションに大きな活力をもたらした」と称賛の言葉が並んでいる。

ノミネートはされなかったものの、パドレスの松井裕樹投手も12試合の登板で2勝0敗、防御率1.64と好調を維持する。各球団で日本選手の活躍が光っている。

◆松井秀喜超えHRよりも… 大谷翔平、9分30秒の取材で鮮明になった7億ドルの“宿命”

◆【動画アリ】「オオタニが満塁で打席に立つと…」大谷翔平、ドジャースタジアムの大熱狂に注目 好機に本拠地は大興奮

◆3勝目の今永昇太、歴史的なデビュー示す圧巻スタッツ 快進撃に米絶賛「これ以上のスタートはあり得ない」

Advertisement