Advertisement

【MLB】「打撃能力はさび付いていない」吉田正尚、6試合ぶりの先発で4安打 地元紙は「信頼を捨てたわけではない」と指摘

【MLB】「打撃能力はさび付いていない」吉田正尚、6試合ぶりの先発で4安打 地元紙は「信頼を捨てたわけではない」と指摘
レッドソックスの吉田正尚(C)Getty Images

レッドソックス吉田正尚外野手が27日(日本時間28日)、本拠地でのカブス戦に「6番DH」で先発出場。5打数4安打1打点3得点をマークし、打率は.269に急上昇した。チームは今季最多21安打をカブス投手陣に浴びせ、17-0で快勝した。米複数メディアが伝えている。

◆【実際の映像】4安打で躍動の吉田正尚が復調アピール 左中間に放った第5打席の適時二塁打

■1打席目にグリーンモンスター直撃

吉田は20日(同21日)のパイレーツ戦に出場後、翌日から5試合連続でスタメン落ち。この日は、そのうっ憤を豪快に晴らした。

第1打席で左翼フェンス、グリーンモンスター直撃の安打で出塁すると、第2打席も右前へ運んだ。3打席目は三ゴロに倒れたものの、第4打席では二塁強襲の安打をマーク。“猛打賞”を達成すると、第5打席では左中間に適時二塁打を放ち、昨年6月16日のヤンキース戦以来となるメジャー2度目の1試合4安打をやってのけた。

吉田は試合後、「結果が出たことにホッとしている」と安堵。練習から状態は良かったそうで、「ハードコンタクト出来ていた」と振り返った。実際、4安打すべてが100マイル(約160キロ)超の打球速度を記録。6試合ぶりの先発で鋭いスイングを披露した。

また、離脱者が出ているチーム状況を踏まえ、「何人かの選手が離脱したことは残念。ただ、誰がラインナップにいて誰がロースターにいようと、我々はベストを尽くさなければならない」と強調した。

■指揮官「スイングがより速くなった」

チームを率いるアレックス・コーラ監督は、吉田について「彼は良い選手、良い打者だ。そして、我々のDHだ。スイングはさらに速くなり、素早く見えた。十分に休息を取っていたので活躍を期待していた」と話した。

先日の試合で脳しんとうと診断されたタイラー・オニール外野手、左膝痛を抱えるラファエル・ディバース内野手らをDHで起用したことで、先発から外れていた吉田。チーム事情からのベンチスタートだったが、地元紙『ボストン・グローブ』は「彼がベンチに座る期間が長引いたことで注目を集めたが、チームとしては彼の打撃能力への信頼を捨てたわけではない」と指摘。「この日先発復帰したが、さび付いたところは見せなかった」と称賛した。

◆【実際の映像】4安打で躍動の吉田正尚が復調アピール 左中間に放った第5打席の適時二塁打

Advertisement


◆吉田正尚、6試合ぶりスタメンでいきなり4安打 指揮官絶賛「彼が私たちのDH」「スイングさらに速く」

◆吉田正尚「すごくもがいた」メジャー1年目を語る 今季は「逆にプレッシャー」【独占インタビュー】