Advertisement

早田ひな&張本美和と対戦可能性の中国トップ勢は「課題に直面する」 現地メディアが要警戒「再び名手と対戦へ」【サウジスマッシュ】

 

Y.Imoto/SPREAD編集部

早田ひな&張本美和と対戦可能性の中国トップ勢は「課題に直面する」 現地メディアが要警戒「再び名手と対戦へ」【サウジスマッシュ】
早田ひな、張本美和(C)ITTF

卓球の「サウジスマッシュ2024」は4日に本戦が開幕し、連日熱戦が繰り広げられている。

◆早田ひな、平野美宇、張本美和が初戦を制す サウジスマッシュ2024 日程、出場選手、最新ニュース、放送・ライブ配信予定一覧

■孫穎莎が女王に君臨

今大会は日本勢にとってはあとわずかに迫ったパリ五輪に向けての強化の場となる。そのなかで、“対中国勢”というテーマは常について回っている。

女子シングルスでは、早田ひな(日本生命)、張本美和(木下グループ)が中国勢との対戦の可能性を残す。早田はベスト8まで勝ち進むと現世界2位の王曼昱、張本美は東京五輪シングルスの金メダリストで世界4位の陳夢と戦う可能性がある。

この中国2選手は、世界女王の孫穎莎に次ぐパリ五輪シングルス2枠目の座を争っており、現地メディアの『捜狐』は「再び日本の名手と対戦へ」とこの戦いを予想し、「陳夢と王曼昱は課題に直面する」「日本選手相手に力が試される」と日本勢に警戒を強めている。

日本の2人にとっても、パリ五輪でも対戦の可能性がある両者との対戦で現在地を確かめたいところ。はたして、日中の主力による準々決勝の戦いは実現するのか。

◆木原美悠が“韓国のエース”撃破でサプライズ起こすか 前回勝利で対戦成績は優位、伊藤美誠と激突の可能性も

◆早田ひな、孫穎莎も評価した成長の跡「勝てて幸運だった」 世界女王が見せた振る舞いも注目「握手の際にラケットで……」

◆張本美和に大奮闘の豪州選手は「番狂わせを起こすチャンスがあった」 WTTは15歳の立て直しも評価「冷静さを保つ」

Advertisement