Advertisement

【MLB】「グシャッ」と異常な破壊音 怪力スタントンが驚愕の今季最速“193キロ”弾丸アーチ、連日の大谷翔平超え

 

H.Ariga/SPREAD編集部

【MLB】「グシャッ」と異常な破壊音 怪力スタントンが驚愕の今季最速“193キロ”弾丸アーチ、連日の大谷翔平超え
ヤンキースのジャンカルロ・スタントン(C)Getty Images

ヤンキースジャンカルロ・スタントン外野手が、連日の本塁打で凄まじい打球を連発している。

7日(日本時間8日)のアストロズ戦で、打球速度118.8マイル(約191.1キロ)の7号本塁打を放ち、ドジャース大谷翔平投手の「今季最速本塁打」を更新すると、翌8日(同9日)には119.9マイル(約192.9キロ)の弾丸アーチで、大谷が菊池雄星投手から安打で記録した今季の「打球速度最速」も塗りかえた。

◆【実際の動画】ボールが潰れる……!スタントンのとてつもないフルスイング!ミサイルのような低弾道の打球が左翼スタンドへ

■「120マイル超え」を唯一、複数回記録

スタントンはこの試合、本拠地ヤンキースタジアムでのアストロズ戦に「5番DH」で先発出場。3回裏の第2打席に、相手先発スペンサー・アリゲッティ投手の4球目カーブをフルスイングすると、角度20度の低い打球が119.9マイル(約192.9キロ)のとてつもないスピードで左翼スタンドに突き刺さった。グシャッと潰れたような音が響き渡り、ボールは瞬く間に大観衆の中へと消えていった。

スタントンは怪力が自慢のスラッガーで、マーリンズ時代にはイチローとも同僚に。2017年に59本塁打を記録するなど、メジャーリーグでもナンバーワンクラスの打球速度を誇る。

MLB公式『Baseball Savant』のデータによると、スタットキャスト導入の2015年以降でスタントンが「打球速度最速」を記録したシーズンは3年連続(2016年~18年)含む過去4回。120マイル(約193.1キロ)を超えた回数では、アーロン・ジャッジ外野手、ゲーリー・サンチェス捕手、ロナルド・アクーニャJr.外野手、オニール・クルーズ内野手の各1回に対して“14回”と異次元の数字を残している。

確実性が低く空振りが多いため、昨季も打率.191と振るわなかったが、そのポテンシャルは誰もが認めるスタントン。今後もとてつもない一打で球場を沸かせてくれそうだ。

◆【実際の動画】ボールが潰れる……!スタントンのとてつもないフルスイング!ミサイルのような低弾道の打球が左翼スタンドへ

◆大谷翔平の“新ライバル”はイチローを慕う元同僚 オズナが1試合2発「12号本塁打」でリーグ2冠に

Advertisement


◆大谷翔平の“投手封印”を望む声 打者専念が驚異的すぎて米メディアが提言「指名打者として歴史上最高のシーズンを送る」