Advertisement

早田ひな、第1シードの本命が圧巻ストレートで決勝進出 絶好調の長﨑美柚と“日本人サウスポー対決”が実現、優勝かけて対戦へ【WTTコンテンダーリオ】

 

Y.Imoto/SPREAD編集部

早田ひな、第1シードの本命が圧巻ストレートで決勝進出 絶好調の長﨑美柚と“日本人サウスポー対決”が実現、優勝かけて対戦へ【WTTコンテンダーリオ】
早田ひな(C)WTT

卓球の「WTTコンテンダー リオデジャネイロ」は25日(日本時間26日)、女子シングルスの準決勝が行われ、世界ランキング5位の早田ひな(日本生命)はブルーナ・タカハシ(ブラジル)と対戦。3-0のストレートで勝利し、決勝進出を決めた。

◆【実際の映像】優勝候補の早田ひなが貫禄の決勝進出!バックサービスで決めた試合を決したポイント

■佐藤、橋本のカットマン2人も撃破

今大会の早田は第1シードとして臨んだなか順調に勝ち進んだ。2回戦では佐藤瞳(ミキハウス)、準々決勝では橋本帆乃香(ミキハウス)と経験豊富なカットマンを下し準決勝へ進出した。

迎えたB.タカハシとの戦いでも、第1ゲームを11-1で圧巻のスタートを切った。そのまま相手に流れを与えず、11-7、11-5のストレートで危なげなく決勝へ勝ち進んだ。

その早田を決勝で待ち受けるのが日本の長﨑美柚(木下グループ)で同士討ちが実現。長﨑も今大会は好調を維持し、決勝まで1ゲームも失わない完璧な戦いぶりで早田と対することになる。

早田と長﨑という日本を代表するサウスポー同士の決勝となった今回のWTTリオ大会。はたして注目の日本人対決を制するのはどちらか。

長﨑美柚(C)WTT

◆【実際の映像】優勝候補の早田ひなが貫禄の決勝進出!バックサービスで決めた試合を決したポイント

◆早田ひな、孫穎莎も評価した成長の跡「勝てて幸運だった」 世界女王が見せた振る舞いも注目「握手の際にラケットで……」

Advertisement


◆早田ひなは「孫穎莎を追い抜くかもしれない」 中国メディアが警戒 伊藤美誠、平野美宇との違いも分析「彼女は明らかに…」