【MLB】大谷翔平、今季メジャー最長“145メートル”20号アーチでリーグトップタイに 「魂を打ち砕いた」

 

H.Ariga/SPREAD編集部

【MLB】大谷翔平、今季メジャー最長“145メートル”20号アーチでリーグトップタイに 「魂を打ち砕いた」
今季20号アーチを放った、ドジャース・大谷翔平(C)ロイター/ USA TODAY Sports

ドジャース大谷翔平投手は18日(日本時間19日)、敵地クアーズフィールドでのロッキーズ戦に「1番DH」で先発出場。6回の第3打席に今季20号本塁打を放った。

◆【実際の動画】打った瞬間の「ドヤ顔」確信歩き!大谷翔平の超特大20号アーチは、今季のメジャー最長飛距離“145メートル”を計測!飛ばし過ぎ…!

■打者天国での一発

前日の試合では、5打数3安打1打点1四球1盗塁の活躍で勝利に貢献した大谷。この日も序盤から打撃好調、節目の20号アーチに到達した。

5点ビハインドの6回表、無死走者なしで迎えた第3打席。大谷は相手先発オースティン・ゴンバー投手の3球目スライダーをフルスイングすると、打球は速度113マイル(約181.8キロ)、角度30度で高々と舞い上がり中堅の最深部へ。“打者天国”で知られるクアーズフィールドでの一発は、飛距離476フィート(約145メートル)を計測。今季のメジャー最長飛距離を叩きだした。

地元メディア『ドジャース・ネーション』の公式Xは、「ショウヘイ・オオタニはコロラドでこの選手の魂を打ち砕いた。彼はDHとしてナショナルリーグMVPを狙っている」と、興奮をまじえて第一報を伝えている。

大谷は通算5度目の20号アーチ達成で、松井秀喜氏が持つ日本選手最多記録タイに。ナ・リーグ本塁打部門でもブレーブスのマルセル・オズナ外野手と並んで再びトップに躍り出た。

試合は現在6回裏の攻撃中、3-8でドジャースがリードを許している。

◆【実際の動画】打った瞬間の「ドヤ顔」確信歩き!大谷翔平の超特大20号アーチは、今季のメジャー最長飛距離“145メートル”を計測!飛ばし過ぎ…!

◆「距離が信じられない」大谷翔平、驚愕の今季最長145メートル弾に現地記者も感嘆 「オオタニは1番が得意」と称賛

Advertisement


◆大谷翔平、MVP最有力候補に“急浮上”……ベッツ骨折でオッズに変動「獲得する初のDHになる可能性」