鍵山優真、憧れる宇野昌磨への思いを語る ユースオリンピックのSPでは3位

18歳までの選手によるユースオリンピックがスイス・ローザンヌで開幕した。日本時間10日には男子フィギュアスケートの鍵山優真選手が登場し、男子シングルでショートプログラム3位につけた

鍵山選手は演技中盤にリンクの壁にぶつかり転倒してしまうアクシデントもあったが、その後は立て直し最後まで滑りきった。

フリーの演技は日本時間12日夜に行われる。

インタビューでは宇野昌磨への憧れを語る

今大会で鍵山選手は日本選手団の旗手を任され、開会式では日の丸の旗を持って行進した。開会式のあとには「競技も頑張りたい」と意欲を見せていた。

また、11日にはオリンピックチャンネルによるインタビュー動画が公開され、目標としている宇野昌磨選手について語った。

以前から宇野選手への憧れを口にしてきた鍵山選手だが、コーチ不在で臨んだ今季の戦いぶりを見て尊敬の念をより強くしたようだ。

「今シーズンは特にコーチがいないなかで不調な場面もあったんですけど、それでも諦めずに全日本優勝した姿を見て格好いいなと思いました

宇野選手は2012年のユースオリンピックでシングル銀メダルを獲得している。鍵山選手も同じ舞台でメダルを目指す

≪関連記事≫

ユース五輪が9日開幕 旗手を務める鍵山優真はオリンピック博物館を訪問

鍵山優真、世界ジュニア代表入りに喜び 同学年の佐藤駿と「一緒に世界ジュニアに行けることがとても嬉しい」

鍵山優真が全日本フィギュア3位、高1での表彰台は23季ぶり 「一番てっぺんからいい景色が見たい」

宇野昌磨が全日本フィギュア4連覇 ステファン・ランビエールコーチとの新タッグ 「いろんなことを気づかされた」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします