ベイスターズ、選手が手記で子どもたちにエールを送る 第1回は戸柱恭孝が登場

横浜DeNAベイスターズは、4月16日より球団公式サイトにて、選手がエールを贈る手記企画「STAYPOSITIVE-今こそ前を向いて-」を期間限定で順次公開する。

新型コロナウイルスによる休校措置が続き、子どもたちの生活環境は大きく変わっている。不要不急の外出を控え、遊ぶ機会も制限され、不安な気持ちを抱えている子どもも増えているはず。

そんな子どもたちに、選手たちが自身の体験を踏まえてエールを贈る

選手たちが「今だから伝えたいこと」

本企画では、選手がこれまで困難を乗り越えた経験や、今だから伝えたいことなどをテーマに、手記という形で紹介。

球団は「子どもだけでなく、不安な気持ちを抱える全ての方々に、このような厳しい状況下でも、前を向いて欲しいという気持ちをタイトルに込めています」としている。

第1回目は戸柱恭孝選手が、結果が出なくて落ちこんだときのこと父親としていま、子どもとの接し方で心掛けていることについて話す。

公式サイトで公開されている手記は、子どもたちにも読みやすいようすべての漢字にふりがながついている。

≪関連記事≫

片岡篤史が新型コロナウイルス感染を報告 コメントでは回復を願う声

NPB、選手とファンがメッセージを繋ぐ「みんなとキャッチボールプロジェクト」第3弾を公開

西武・山川穂高、ピアノで『エリーゼのために』を演奏 腕前に反響

西武・平井克典、開幕延期も「貴重な時間」と前向き 「自分を見つめながら練習できる」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします