羽生結弦のビデオメッセージが公開 2011年から現在までのプログラムを振り返る

フィギュアスケートの羽生結弦選手が日本スケート連盟公式ツイッターに登場した。

日本スケート連盟は外出自粛を続けるファン選手からメッセージを届けるための企画「#SkateForward明るい未来へ」を展開してきたが、羽生選手はそのトリを務める形で登場した。

羽生選手は東日本大震災が起きた2011年3月から現在までの自分のプログラムの歩みをメドレー形式で振り返る

ソチ五輪を制した『パリの散歩道』や、敬愛するジョニー・ウィアーさんと同じ楽曲に挑んだ『Otonal(秋によせて)』、エフゲニー・プルシェンコさんの伝説的プログラム『ニジンスキーに捧ぐ』をアレンジした『Origin』といった最新のプログラムを演じ、最後は平昌五輪連覇や四大陸選手権初制覇を果たした『SEIMEI』で締めくくった。

4月21日から始まった「#SkateForward明るい未来へ」も5月6日の投稿で一区切り。

最後は「選手一同、再び競技の場に戻り、みなさまにお会いできる日を楽しみにしております」とコロナ終息後のシーズン開幕に期待を込めて終わった。

≪関連記事≫

ブライアン・オーサー、羽生結弦のクワッドアクセル挑戦を語る 鍵は身体能力の向上

羽生結弦、新型コロナ感染拡大防止のため呼びかけ 「心からの笑顔で語り合える日々が来ることを祈っています」

羽生結弦ら6選手、米NBCスポーツが挙げた「日本で史上最も五輪で活躍した選手」に

羽生結弦、ジェイソン・ブラウンらが世界フィギュア中止でメッセージ 「来シーズンも頑張っていきます」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします