【ボクシング】井上尚弥、ラスベガス・デビューを7回2分59秒KOで飾る

WBA・IBF世界バンタム級タイトル防衛を果たした井上尚弥 (C)Getty Images

ボクシング、WBA・IBF世界バンタム級タイトルマッチは10月31日(日本時間1日)、米ラスベガスのMGMグランドで行われ、WBA、IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥が、WBA同級2位のジェーソン・モロニー(オーストラリア)に7回KO勝ち、下馬評通り防衛に成功した。

戦前より大手ブックメーカーでは井上の勝利に1.1倍前後というオッズがつけられ、井上の順当勝ちが予測されていた。早い回での決着も予想される中、井上は攻め込みつつも、余裕を持った試合運びを見せ、6回に左フックでダウンを奪う。7回には、ペースを取り戻したかのように見えたマロニーの動きを見極め、カウンターの右ストレートで2度目のダウンを奪い、KO勝ちした。

井上はこれで20戦20勝17KO。

文・SPREAD編集部

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします