【WRC】ラリージャパン一年前イベント開催 レースは来年11月予定

トヨタ・ヤリスWRCは、現在ワークス参戦する唯一の日本車だ

■来年こそ! 日本で11年ぶりのWRC開催へ

11月21日、愛知県名古屋市のミツコシマエ ヒロバスで、ラリージャパン2021のPRイベント『GO TO Rally Japan 2021』が行われた。会場にはTOYOTA GAZOO RacingのWRC参戦マシン・ヤリスWRC(レプリカ)やWRCヒストリーカーの展示、ラリージャパン2021開催予定地域の物産・イベント紹介ブース、WRC開催国飲食ブースなどが出展され、WRCファンや一般の方たちで大きな賑わいを見せた。

高橋浩司氏が大会優勝者(左)、大村秀章知事が優勝チーム(右)に贈呈されるトロフィーを抱えている

イベント用ステージエリアでは、まずはじめにラリージャパン開催概要発表会が行われ、ラリージャパン2020実行委員会会長・高橋浩司氏が登壇。来年の11月11日から14日に開催予定の「2021 FIA 世界ラリー選手権 ラリージャパン2021」に関する最新情報を明らかにした。

長久手市の愛・地球博記念公園(通称:モリコロパーク)をメイン会場に、愛知県と岐阜県を舞台とした選手権を予定しており、大会の基礎は新型コロナウィルス感染症の影響で開催断念となった2020年の計画をベースとする。さらに開催までのこの1年のあいだに、より洗練されたイベントを計画していくとのこと。

大会期間中、11日木曜に名古屋市内でセレモニアルスタートを行い、翌12日金曜から14日の日曜にかけて競技が予定されている。スペシャルステージ(SS)では愛知県の岡崎市や豊田市など、そして岐阜県の恵那市と中津川市、あわせて2県8市町に設定されたコースを巡る。

また、モリコロパークに設置予定だったサービスパークとヘッドクォーターは、2021年の大会に向け豊田市豊田スタジアムに分離移転することが発表された。そして岡崎市岡崎中央総合公園はサテライト会場とし、スーパースペシャルステージ(SSS)を実施する方向で進められている。

記者会見後半には開催地を代表して愛知県の大村秀章知事も駆けつけ、大会を盛り上げることを約束。最後に愛知県の株式会社ノリタケカンパニーリミテドによって制作された大会優勝者、優勝チームに贈呈されるトロフィーがお披露目となった。

左が大会優勝者へ、右が優勝チームへ贈られるトロフィー。日本らしさを表現している

■タイヤの匂いや排気ガス、音などを近くで感じてもらいたい

午後にはステージエリアでラリートークショーが開催され、全日本ラリー選手権のトップラリードライバーで、WRC参戦中の勝田貴元の父である勝田範彦と、TOYOTA GAZOO Racing ラリーチャレンジに参戦中の台湾人ドライバー・ミンミン、同ラリーチャレンジに2019年からシーズン出場している中嶌杏里が登場した。

ラリージャパン2021について勝田は「(ラリージャパンが)中部で開催されるというのは夢だったので、出られれば出たいけど、世界のトップの走りは別格なのでまずは見たい。(ラリーとサーキットで行われる)レースの違いは車とギャラリーの距離。タイヤの匂いや排気ガス、音などを近くで感じてもらいたい」と、その魅力を伝えていた。

本イベント『GO TO Rally Japan 2021』は、22日まで開催される。

左から、勝田範彦、ミンミン、中嶌杏里

◆2021 WRC 開催カレンダー
・第1戦 モンテカルロ(1月21日~24日)
・第2戦 スウェーデン(2月11日~14日)
・第3戦 クロアチア(4月22日~25日)
・第4戦 ポルトガル(5月20日~23日)
・第5戦 イタリア(6月3日~6日)
・第6戦 ケニア(6月24日~27日)
・第7戦 エストニア(7月15日~18日)
・第8戦 フィンランド(7月29日~8月1日)
・第9戦 イギリス(8月19日~22日)
・第10戦 チリ(9月9日~12日)
・第11戦 スペイン(10月14日~17日)
・第12戦 日本(11月11日~14日)

文・笹山健二(SPREAD編集部)

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします