【箱根駅伝】創価大が初の往路優勝、連覇を狙う青学大はシード圏外に…

第97回箱根駅伝・往路(東京―箱根)が2日に行われ、4度目の出場となった創価大が初の往路優勝(5時間28分8秒)を決めた。

【関連】第97回「箱根駅伝」往路1区〜5区の総合順位・個人成績一覧

異例のスローペースでの立ち上がりとなった1区で3位につけた創価大は、その後も上位でレースを展開。4区で東海大を逆転し1位に躍り出ると、そのまま逃げ切り悲願の初優勝となった。

総合連覇を狙う青学大は、トップから7分35秒差の12位とまさかの大苦戦。シード圏外の順位から復路での巻き返しを狙う。

第97回「箱根駅伝」往路1区〜5区の総合順位・個人成績一覧

文・SPREAD編集部

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします