【今日は何の日・1/4~1/10】2019年1月8日「霊長類最強・吉田沙保里が現役引退を発表」

(C)Getty Images

■1月4日

今日のできごと

1953年 NHK東京箱根間往復大学駅伝競走の実況中継で、初の長距離移動放送を行う。

アスリートの誕生日

1959年 本田優(競馬)
1967年 デビッド・トムズ(ゴルフ)
1978年 ドミニク・フルバティ(テニス)
1981年 細川亨(野球)
1981年 小原日登美(レスリング)
1986年 ジェイムズ・ミルナー(サッカー)、謝淑薇(テニス)
1989年 グラハム・レイホール(レーシングドライバー)
1992年 クリス・ブライアント(野球)

■1月5日

今日のできごと

1927年 東西大相撲が合併し、日本大相撲協会が発足する。

アスリートの誕生日

1935年 植村義信(野球)
1943年 沢村忠(キックボクシング)
1959年 安藤光彰(競馬)
1979年 田中雅美(水泳)
1982年 青木宣親(野球)、塚田真希(柔道)
1986年 津村明秀(競馬)

■1月6日

今日のできごと

1968年 大相撲初場所の番付発表で、ハワイ出身の高見山大五郎が外国人力士として初めて入幕を果たす。
1975年 東京競馬場ハイセイコーの引退式が行われる。1973年の皐月賞勝ちなど、通算成績は22戦13勝。

アスリートの誕生日

1954年 中畑清(野球)
1965年 ティム・マクドナルド(アメリカンフットボール)
1971年 真中満(野球)
1980年 ミハエル・ミキッチ(サッカー)
1982年 ギルバート・アリーナス(バスケットボール)
1989年 亀田大毅(ボクシング)、アンディ・キャロル(サッカー)
1992年 HIROYA(キックボクシング)

■1月7日

今日のできごと

1979年 具志堅用高がボクシング世界ジュニアフライ級チャンピオン、7度目の防衛に成功。当時の日本人世界王者の最多防衛回数を更新する。

アスリートの誕生日

1898年 内田正練(水泳)
1982年 フランシスコ・ロドリゲス(野球)
1983年 エドウィン・エンカーナシオ(野球)
1985年 ルイス・ハミルトン(レーシングドライバー)
1990年 グレゴア・シュリーレンツァウアー(スキージャンプ)
1991年 エデン・アザール(サッカー)、倉本寿彦(野球)
1993年 チアゴ・ビエイラ(野球)

■1月8日

今日のできごと

2014年 サッカー・本田圭佑イタリアセリエAの名門チーム、ACミランの入団会見を行う。「私の夢が実現しました」。
2019年 「霊長類最強女子」のレスリング・吉田沙保里が自身のツイッターで現役引退を発表。オリンピック3大会連続金メダル、個人で世界大会16連覇、個人戦206連勝を記録など。

アスリートの誕生日

1952年 大迫たつ子(ゴルフ)
1954年 田尾安志(野球)
1968年 ブル中野(プロレス)
1971年 川崎憲次郎(野球)、ジェイソン・ジアンビ(野球)
1979年 アドリアン・ムトゥ(サッカー)
1986年 ダビド・シルバ(サッカー)、ジェームズ・ラッセル(野球)
1990年 許昕(卓球)
1992年 森唯斗(野球)

■1月9日

今日のできごと

1985年 東京両国新国技館」の落成式。千代の富士北の湖の両横綱による三段構えが披露された。

アスリートの誕生日

1953年 宗茂(マラソン)、宗猛(マラソン)
1974年 武田豊樹(競輪)
1980年 セルヒオ・ガルシア(ゴルフ)
1989年 田村優(ラグビー)
1991年 福谷浩司(野球)

■1月10日

今日のできごと

1974年 日本プロ野球で投手のセーブ記録が採用される。
2008年 ゴルフの石川遼がプロ転向を表明。史上最年少のプロゴルファー誕生した。

アスリートの誕生日

1919年 照國萬藏(相撲)
1949年 ジョージ・フォアマン(ボクシング)
1961年 石嶺和彦(野球)
1976年 劉国梁(卓球)、イアン・ポールター(ゴルフ)、レミー・ボンヤスキー(キックボクシング)
1981年 井村久美子(陸上)
1988年 ラファエル・ドリス(野球)
2000年 山本草太(フィギュアスケート)

文・SPREAD編集部

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします