スポーツ業界に忍び寄る緊急事態宣言の悪夢 JRAは無観客、大相撲は人数制限

(C)Getty Images

新型コロナウイルス感染拡大は、スポーツ界にも大きな影響を与えている。1月に行われる主なスポーツを、6日現在の情報をもとに、各団体・主催者が実施している対策についてまとめてみた。

■大相撲(6日現在)

・大相撲初場所(両国国技館)

日本相撲協会は5日に横綱白鵬が新型コロナウイルスに感染したことを発表したものの、10日から24日に行われる大相撲初場所は予定通り観客の人数制限をしたうえで開催する。初日と2日目は5000人、3日目以降は5300人が上限。

なお、チケットの販売は当初「入場券の在庫がある限り、興行当日まで販売」としていたが、「入場券在庫にかかわらず、1月6日(水)17時で売り止めとします」と発表された。当日券の販売も取りやめる。

【中継情報】
NHK総合(15:05〜)、ABEMA(16:00~)など

■競馬(6日現在)

・中央競馬(中山競馬場、中京競馬場など)

日本中央競馬会(JRA)は5日、首都圏での新型コロナウイルス感染症の感染状況等を踏まえ、9日から11日における中山競馬を無観客競馬として実施することを発表した。また、一部のウインズ等の場外発売所で、勝馬投票券の発売も行われない。16日以降の取扱いについては、後日改めて発表があるとのこと。

なお、同日に開催される中京競馬では、予定通り事前に指定席券を購入した方に限り入場が可能だ。

【中継情報】
フジテレビ「みんなのKEIBA」(15:00〜16:00)、BSグリーンチャンネル「中央競馬全レース中継」(09:00〜17:00)など

・地方競馬(浦和競馬場、船橋競馬場など)

関東圏の各競馬組合は、首都圏での新型コロナウイルスの感染拡大の状況に鑑みて、無観客競馬として実施することを発表した。浦和競馬は6日から8日まで、船橋競馬は11日から15日まで、大井競馬は18日から22日まで。また、offt後楽園offt汐留など、一部の場外発売施設では勝馬投票券の発売が行われない。

【中継情報】
WEB「地方競馬ライブ」(※放送時間は各場のレース開催時間に応じる)

■サッカー(6日現在)

・全国高等学校サッカー準決勝、決勝(埼玉スタジアム2002)

日本サッカー協会(JFA)は5日、全国高等学校サッカー選手権大会の準決勝・決勝を、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、保護者・学校関係者等の観戦を中止し、無観客で行うことを発表した。準決勝は9日、決勝は11日に行われる。

【中継情報】
日本テレビ(9日準決勝12:00〜、11日決勝14:00〜)

■バレーボール(6日現在)

・Vリーグ(墨田区総合体育館など)

日本バレーボールリーグ機構は6日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、政府が緊急事態宣言を発令することになったのを受け、8日から11日に開催予定だったV.LEAGUE DIVISION1(V1)、DIVISION2(V2)、DIVISION3(V3)の各大会の中止を発表した。

なお16日以降の大会については、緊急事態宣言の具体的内容を踏まえ、早急に判断するとのこと。また中止の大会の代替試合についても検討する。

・全日本バレーボール高等学校選手権大会(東京体育館)

5日から開幕した春高バレーは、当初の予定通り無観客で開催されている。準決勝は9日、決勝は10日に行われる予定だ。

【中継情報】
フジテレビ(9日男女準決勝16:00〜、10日男子決勝13:30〜・女子決勝16:00〜)

■ラグビー(6日現在)

・全国高等学校ラグビーフットボール大会(東大阪市花園ラグビー場)

全国高校ラグビーは、先月にアナウンスされたように新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、全試合を無観客で実施。試合会場に入れるのは選手や監督ら40人で、保護者の入場も認められていない。なお、9日に決勝が行われる。

【中継情報】
JSPORTS1(13:40〜)

『SPREAD』編集部が選ぶ今週のスポーツ「貴景勝、横綱昇進をかけて初場所へ」

文・SPREAD編集部

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします