【プロ野球/打撃のキーマン】神・梅野、広・床田に対して過去2年で打率.563

(C)Getty Images

14日はセ・リーグでは、ヤクルト山田哲人が2打席連続ホームランを記録。また、阪神の怪物ルーキー・佐藤輝明は甲子園で初アーチを放った。一方、パ・リーグでは、西武森友哉が先制タイムリーを打つなどマルチヒットの活躍でチームの勝利に貢献した。

ここでは投手vs打者の対戦データから読み取った「打撃のキーマン」をピックアップ。15日の注目打者はこの選手だ。

◆阪神が本物の強さ見せつけたゲーム 下位打線が得点源 岡氏の指摘

広・床田vs神・梅野「チームを支える正捕手の一打に期待」

現在、7試合連続ヒットと好調で首位定着の原動力になっている阪神梅野隆太郎広島床田寛樹に対して19年には対戦打率.571と無双状態だった。今季も3月31日の対戦で安打を放っており、引き続き勢いに乗った打撃を披露してくれそうだ。

21年 .500 2 1 0 0 1
20年 .500 2 1 0 1 0
19年 .571 14 8 0 0 0
18年 未対戦

巨・髙橋vs中・京田「前回対戦ではマルチヒットを記録」

中日京田陽太巨人髙橋優貴と1日に対戦しており、3打数2安打とチーム唯一のマルチヒットを記録。また、19年にも打率.333を記録しており好相性と言って良いだろう。得意の投手を相手に打線の起爆剤となるか注目だ。

21年 .667 3 2 0 0 0
20年 未対戦
19年 .333 9 3 0 0 1
18年 未対戦

オ・増井vsソ・中村晃「鷹の安打製造機は復調のきっかけを掴めるか」

バットコントロールに定評があるソフトバンク中村晃。しかし、今季は打率.200と本来の姿を見せられておらず、相手先発・増井浩俊とは2打数ノーヒット。ただ、20年には打席数は少ないものの、3打数2安打と好成績をマーク。チームの勝利に導く一打に期待だ。

21年 .000 2 0 0 0 0
20年 .667 3 2 0 0 0
19年 .000 1 0 0 0 0
18年 .250 4 1 0 0 1

◆楽天を「ホークスも怖いと感じている」 失速の昨季と“全然違う”と断言できる理由

◆楽天・茂木&辰己“覚醒”の影に「脇役コーチ」あり? 専門家が着目する2人の存在

◆貧打深刻… 与田竜に立浪和義氏“再登板”望む声

テータ提供・共同通信デジタル
文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします