【プロ野球/打率TOP5】好不調トレーダー オリックスは吉田正の前にランナーを貯めるべし

オリックス・吉田正尚 (C)共同

27日から5日に行われたプロ野球で、楽天ロッテを相手に2勝1敗、ソフトバンクには1勝1敗1分けと首位をキープ。3日には、浅村栄斗が2安打2打点の活躍で白星を飾った。

オリックス吉田正尚は7試合連続ヒットを放つなど打率ランキング1位に。

ここでは、5月5日終了時点におけるセ・パ打率TOP5の、安打数の推移グラフで「好不調」をチェックしていく。

◆【セ・リーグ/打率TOP5】好不調トレーダー DeNA・佐野は3試合連続マルチヒットと無双状態に

■パ・リーグ打率TOP5

オリックス・吉田正尚

▼今季通算
率.339|打127|安43|本7|点17|振4
▼最近6試合
率.458|打24|安11|本2|点4|振0

7試合連続ヒットを放つなど首位打者に浮上。4日の西武戦では、1ホーマーを含む4安打とヒットを量産した。ロッテ戦は打率.364と好成績を残している。次戦以降も快音連発となりそうだ。

楽天・浅村栄斗

▼今季通算
率.336|打107|安36|本1|点10|振25
▼最近6試合
率.389|打18|安7|本0|点3|振4

打率.336とハイアベレージを記録するなど首位の立役者となっている。ただ、得点圏打率は.214と結果を残せていないが、5月の月間打率.400と好調なだけに心配無用か。

ロッテ・中村奨吾

▼今季通算
率.319|打113|安36|本1|点21|振21
▼最近6試合
率.286|打21|安6|本0|点1|振4

直近6試合のうち5試合はヒットを放っているものの、マルチヒットは1度とやや低調気味。しかし、昨年のオリックス戦は.310相性が良かった。安打を打ち、チームの勝利に貢献したいところ。

ソフトバンク・甲斐拓也

▼今季通算
率.313|打99|安31|本3|点15|振33
▼最近6試合
率.348|打23|安8|本0|点4|振5

正捕手として全試合出場するなどチームに貢献する一方で、打率.313ハイアベレージをマーク。しかも7試合連続ヒット中と絶好調で無双している。PayPayドームでは.209と結果が出ていないが、5月は.316と期待できそうだ。

ソフトバンク・栗原陵矢

▼今季通算
率.313|打131|安41|本4|点22|振21
▼最近6試合
率.320|打25|安8|本1|点3|振2

2日のオリックス戦と3日の楽天戦で2試合連続で猛打賞を記録するも、その後の2試合は8打数ノーヒット。ただ、PayPayドームでは打率.362と相性抜群なだけに各打席に注目が集まる。

◆阪神マルテ 主砲抜けてもオレがいる!勝負強さ発揮2点先制打 得点圏打率・417

◆初スタメンで3安打4打点の大活躍 開幕1軍から漏れた鷹・上林が抱えていた思いとは…

◆「4番を打ってもいい」中日・根尾が大物OBをも魅了するワケ

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします