【プロ野球】大谷超えも視野? 広島の剛腕コルニエルが日本最速タイの165キロをマーク

DeNA広島の一戦が20日、東京ドームで行われ、広島のロベルト・コルニエル投手が日本球界最速タイの165キロをマーク。ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平投手が日本ハム時代の2016年に記録した数字に並んだ。

◆広島の選手起用に北別府氏が異論 「相手が嫌がる采配」で得点力を上げるべき

■育成からはい上がった25歳右腕

その1球に東京ドームがざわめいた。4点ビハインドの5回から登板した広島コルニエルが、DeNA・大和に投じた3球目。東京ドームのバックスクリーンに「165」という数字が映し出された。空振り三振に斬って取った直球は、大谷が2016年に記録したNPB最速に並んだ。

大谷はクライマックスシリーズソフトバンク戦)での記録であり、レギュラーシーズンでは、コルニエルが最速となった。25歳の右腕は異色の経歴を持つ。

2013年にヒューストン・アストロズと契約したもののメジャーに昇格できず、2019年にドミニカ共和国カープアカデミーに所属。その後、練習生として広島の秋季練習に参加し、2020年9月に育成選手として契約を結ぶと、今年3月に支配下登録を勝ち取った苦労人だ。

■次に狙うは“大谷超え”166キロ

報道によると、日本最速投手となったコルニエルは「スピードは意識せず、コントロール良く投げることを大事にしている」と話したという。

確かに1メートル93センチの長身が投げ下す直球は力があり、160キロ台を連発するもののコントロールにばらつきが見られる。この試合でもソトと大和を空振り三振に取ったが、いずれも明らかなボール球。打者からずれば、思わず手が出てしまったという形だ。

今後、持ち前のスピードに加えて制球力を身に付ければ、とんでもない怪物へと進化を遂げる可能性を秘めている。「166キロを目指して頑張る」ともコメントしたというコルニエル。“大谷超え”の筆頭に躍り出た。

■プロ野球球速上位

1位(165キロ)
大谷翔平(日本ハム)2016年10月16日の札幌ドーム・ソフトバンク戦
コルニエル(広島)2021年6月20日の東京ドーム・DeNA戦

2位(164キロ)
ビエイラ(巨人)2020年11月25日のペイペイドーム・ソフトバンク戦

3位(163キロ)
スアレス(阪神)2021年6月8日の札幌ドーム・日本ハム戦
エスコバー(DeNA)2021年6月13日の札幌ドーム・日本ハム戦

◆巨人・丸佳浩が9季ぶりの再調整抹消 非常事態の外野陣を救う存在は誰だ

◆広島 クロンの優しさと圧巻のパワーに触れた夜 中村奨の両肩をがっしりと…

◆華麗な守備で存在感 広島浮上へ、田中広の巻き返しに期待

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします