【七夕賞/馬場情報】大雨注意報の福島は馬場悪化か 「芝:稍重・ダ:重」、芝のクッション値は「7.9」

第57回七夕賞(GIII、福島芝2000m)が行われる福島競馬場の馬場情報が11日、JRAより発表された。福島は芝「稍重」、ダート「重」の発表。芝のクッション値は「やや軟からめ」を示す「7.9」と計測された。

土曜の福島11R・阿武隈S(エフェクトオン)は稍重・芝2000m2分1秒2で、昨年(ドリームソルジャー)の稍重・2分1秒8と遜色ない時計だった。福島9R・猪苗代特別(ワールドスケール)は稍重・芝2000m2分0秒8。これも昨年(ココロノトウダイ)の稍重・2分0秒9とほぼ同じ。前年に近い馬場コンディションと言える。

◆【七夕賞2021予想/穴馬アナライズ】前日12人気の伏兵、持ち前のポテンシャルで念願の「重賞制覇」も

当日午前の発表では、含水率と芝のクッション値は土曜から回復傾向にある。ただ、昨年の七夕賞当日は午前中からの降雨で重馬場になり、クレッシェンドラヴの勝ち時計は2分2秒5と、過去10年で最も遅い時計で決着した。

福島周辺に大雨注意報が出ている本日、前年と同じく馬場悪化が予想されるだけに、直前まで馬場コンディションのチェックが必要となりそうだ。

11日午前に計測された福島芝・ダートの含水率、芝のクッション値は以下のとおり。

■当日/7月11日(日曜)

含水率
┗直線=芝12.4%|ダ13.7%
┗4角=芝15.1%|ダ15.4%
芝のクッション値=7.9[やや軟からめ]

■前日/7月10日(土曜)

含水率
┗直線=芝13.3%|ダ18.0%
┗4角=芝14.7%|ダ19.0%
芝のクッション値=7.7[やや軟からめ]

■参考/前年7月12日(七夕賞当日)

含水率
┗直線=芝14.7%|ダ18.2%
┗4角=芝16.0%|ダ16.8%
※芝のクッション値は2020年9月11日から公表

◆【七夕賞2021予想/データ攻略】波乱の刺客は「馬券内率100%データ」を誇るアノ5歳馬

◆【七夕賞2021予想/追い切りジャッジ】推定10人気以下の穴馬に「A」評価、鞍上と「機敏に意思疎通」

◆【七夕賞2021予想/騎手データ】「連対率100%」で競馬ファンの願いを叶える“鉄板データ”の騎手とは

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします