【愛オークス】欧州のディープ産駒・スノーフォール、英愛オークス制覇なるか 鞍上ムーアで今晩23時過ぎ発走

16馬身差で圧勝した英オークスのスノーフォール(C)Getty Images

6月4日に行われた英オークス(GI、芝約2400m)をレース史上最大の16馬身差で圧勝したディープインパクト産駒スノーフォール(牝3、A・オブライエン厩舎)が、17日の愛オークス(GI、芝約2400m)で8頭立ての1番ゲートから発走する。2017年のエネイブル以来となる英愛オークスのダブル制覇達成に向けて注目が集まっている。

◆【速報/レース映像】欧州にディープの再び“衝撃”、スノーフォールが愛オークスを大楽勝

■発走予定時刻は本日23時25分

スノーフォールの父は無敗三冠を含む国内GI7勝のディープインパクトで、母ベストインザワールドの父ガリレオは11年連続で英愛リーディングサイアー。伯母に2016年の凱旋門賞馬ファウンドを持つなど、欧州の王道といえる血統背景を持つ。管理するのは10年連続の愛リーディングなどを誇る名門エイダン・オブライエン厩舎。生産は日本のノーザンファームで、所有はクールモアグループとバックボーンも一流だ。

愛オークスで鞍上を務めるのはライアン・ムーア騎手。ムーアは10年にスノーフェアリーで英愛オークス制覇を達成。また、16日に行われたニューマーケット競馬場1R(芝約2000m)でも、エリザベス女王が所有するディープインパクト産駒・ポートフォリオ(牝3、M・スタウト)に騎乗し勝利を挙げている。

■海外ブックメーカー各社でも単勝1倍台の1番人気

英オークスでの記録的な勝利を受け、凱旋門賞(仏GI、芝2400m)に向けて期待値が高まっているスノーフォールにとって、愛オークスは“通過点”。海外ブックメーカー各社でも単勝1倍台の1番人気となっている。

ディープインパクト産駒は、2020年に仏オークス(ファンシーブルー)、21年に英オークス(スノーフォール)を制覇しており、英愛仏の欧州3カ国オークス制覇となるか注目される。

発走予定時刻は、本日17日の23時25分(日本時間)。「名牝」への道を歩み始めたスノーフォールは、再びの激走で“ディープ”な衝撃を残せるか。

◆【実際のレース映像】欧州にディープの“衝撃” スノーフォールが英オークスを圧勝、直線でグングンと突き放し…最後はカメラも追えないこの大差

◆「近代では指折りの圧勝劇」ディープ産駒・スノーフォールの16馬身差Vに現地メディアも驚愕

◆ディープ産駒・スノーフォールが16馬身差の“衝撃”V、現地メディア「アメージング!#ディープインパクト」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします