【東京五輪/スケートボード】13歳・西矢椛が日本最年少金メダル 「周りの人が励ましてくれた」

(C)ロイター

東京五輪は26日、今大会から採用されたスケートボード女子ストリートの決勝を行い、13歳の西矢椛(にしや・もみじ)が金メダルを獲得した。国内メディアによると、日本人として最年少の金メダリスト。16歳の中山楓奈(なかやま・ふうな)も銅メダルを取った。

【実際の映像】決勝でメダルを決めた”西矢椛”と”中山楓奈”のプレイ

■新競技で13歳が金メダルを獲得

(C)ロイター

西矢は試合直後のインタビューで、「途中までは勝てないと思ったが、周りの人が励ましてくれて、乗れてうれしかった」と語った。「(最年少の)最新記録だと思う。それがうれしい」と話した。

西矢は1992年バルセロナ五輪の競泳女子平泳ぎで14歳0カ月で金メダルを獲得した岩崎恭子さんを上回る13歳11カ月で日本人最年少メダリストとなった。

銀メダルは同じく13歳のライッサ・レアウ(ブラジル)が獲得。メダリストは全て10代という若い世代の飛躍が目立った。

スケートボードのストリートは、階段や手すりなど障害物を設けた街中のようなコースで技を競う。

予選全体2位で決勝に進んだ西矢は、ベストトリックで最初の2本は失敗したもののその後3本を成功させ、合計15.26点でレアウの14.64点を上回った。

西矢は大阪府出身。兄の影響でスケートボードを始め、今年イタリアのローマで行われた世界選手権で準優勝した。中山は富山県出身の16歳。9歳の時に昔スケートボードをしていた父親の影響でスケートボードを始めた。2019年の日本選手権で優勝を飾った。

女子ストリートには19歳の西村碧莉(にしむら・あおり)も出場。3人そろって決勝に進出した。

25日に行われた男子ストリートでは、堀米雄斗が金メダルを獲得している。

◆初代王者・堀米雄斗、バスケ八村塁やサーフィン五十嵐とツーショット 五輪を楽しむ22歳に世界も絶賛

◆堀米雄斗が新種目で金メダル 「すごいシンプルだが、すごい嬉しい」

◆伝説のスケーター、トニー・ホーク氏が本番会場を“試走” 53歳らしかぬ滑りが話題に

文・SPREAD編集部=ロイター


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします