【MLB】大谷翔平、レンジャーズ戦「2番DH」 38号の可能性を示す2試合連続ノーヒット後の本塁打率

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は3日(日本時間4日)、敵地グローブライフ・フィールドでのレンジャーズ戦に「2番DH」でスタメン出場する。

前日のレンジャーズ戦では、4打数無安打2三振と2試合連続ノーヒットで終わった大谷。

対して本塁打王争いで2位のゲレーロJr.トロント・ブルージェイズ)は同日のインディアンズ戦で3試合ぶりの34号アーチを放ち、大谷との差を「3」に縮めた。

◆【昨日の試合】“誤審”の声も出た疑惑のストライクを動画と図表で振り返る

■2試合連続ノーヒット後は“8割の確率で本塁打”

レンジャーズ先発のジョーダン・ライルズは、今季21試合を投げ5勝7敗、防御率5.04の右腕。球種配分はフォーシームが40%以上、スライダーが約25%、カーブが約21%と変化球を主体としたピッチングとなっている

大谷は4月26日(同27日)の対戦でライルズのフォーシームをとらえてタイムリーツーベースを放ち2打数1安打2打点を上げた。

現在、2試合連続無安打の大谷だが、今季100試合出場のうち3試合以上無安打が続いたのは、5月30日(同31日)からの4試合連続無安打の一度のみ。それを除いた2試合連続無安打は計5回あり、いずれも翌試合にはマルチ安打を記録し、うち4試合では本塁打を放っている。

ゲレーロJr.との差が迫るなか、一見不調な大谷もデータで見ると頼もしい。7月29日以来、6試合ぶりとなる38号に期待がかかる。

◆大谷翔平のタイトル争いに影を落とす“誤審禍” SNSでは球審に引退勧告も

◆新加入戦力が大谷翔平を狙い通りの併殺、敵将もうまく行き過ぎてビックリ

◆大谷翔平、決勝タイムリーでア軍に完封返し 「あの場面で誰を打席に送りたいか、オオタニだ」

試合情報

エンゼルス-レンジャーズ
試合開始:日本時間8月4日(水)9:05
中継情報:AbemaTV、スカパー! Jsports

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします