【東京五輪/野球】総力戦必至の侍ジャパン、37年ぶり「金」なるか 米国撃破のキーマンを考察

侍ジャパン・稲葉篤紀監督(C)Getty Images

野球日本代表「侍ジャパン」は7日、37年ぶりの金メダルをかけ米国との決勝に臨む。両国が五輪決勝で対戦するのは公開競技として行われた1988年ソウル五輪以来で、決勝戦での対戦成績は1勝1敗。金メダル獲得ならば、1984年ロサンゼルス五輪以来となる。

◆【実際の画像】五輪仕様でコロナ対策もバッチリ? 海外から熱視線が送られている東京五輪仕様の特別リリーフカー

■3本塁打、8打点の相手主砲は要警戒

今大会の米国は投打にNPBでプレーする選手の活躍が目立つ。

打線の核となっているのがDeNAに所属するタイラー・オースティンで、今大会の5試合で打率.429、2本塁打、7打点をマークしており、日本戦でも二塁打と安打を放っている。

その他の選手では、オースティンの後の4番を打つトリスタン・カサスが要警戒。今大会、打率は.263だが、3本塁打、8打点とパワーはメジャークラスで、日本戦でも青柳晃洋から逆方向へ3ラン本塁打を放っている。

■NPBで活躍する投手も…投手陣の層も厚い米国

そして投手陣。先発マウンドにはソフトバンク所属のニック・マルティネスが上る。今大会はオープニングラウンドの韓国戦に先発し、5回を投げて9奪三振、被安打4、1失点で勝利投手になった。リリーフ陣もスコット・マクガフヤクルト)がチーム最多タイの4試合に登板。昨季までオリックスでプレーしたブランドン・ディクソンも3試合登板で、ともに防御率2.70とブルペンを支えている。

勝ちゲームの最後を締めくくる投手は2セーブを記録しているデビッド・ロバートソンだが、日本戦で好投したライダー・ライアンアンソニー・ゴース、さらには決勝戦ということで、展開次第ではスコット・カズミアーなどの先発陣の登板もあるかもしれない。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします