【MLB】大谷翔平に新たなライバル ブルージェイズのセミエンが40号弾 地元放送局は「自チームから40本以上が2人もいる」  

ブルージェイズ・セミエン(C)ロイター

トロント・ブルージェイズマーカス・セミエン内野手は18日(日本時間19日)、本拠地ロジャース・センターで行われたミネソタ・ツインズ戦に「2番・二塁」でスタメン出場。4回に今季40号となる本塁打を放ち、5打数1安打1打点で打率.268。

チームはツインズに6−2で勝利し、貯金を18とした。

◆【実際の映像】大谷翔平に新たなライバル出現 セミエンが本塁打王争いを混沌とさせる40号弾を放つ

■本塁打王争いで新たなライバルとなるか

セミエンはア・リーグの本塁打王争いで新たなライバルとなるかもしれない。現在、チームメートのブラディミール・ゲレーロJr.(ブルージェイズ)とは6本の差があるものの、9月は8本の本塁打を放つなどペースを上げてきている。今日の試合では、2点ビハインドの4回に相手先発のベイリー・オーバーが投じた速球系のボールを捉え、レフトスタンドに運んだ。これでセミエンは今季40号の大台に乗せた。

この本塁打にブルージェイズの公式Twitterは、「セミエンは昨日誕生日、今日は40号、悪い週末ではないですよね」と賛辞を送っている。また、カナダの放送局「Sportsnet」は「今シーズン40本以上打った選手は4人おり、その中の2人はブルージェイズの選手です」と自チームから40本以上打った選手が2人もいることを絶賛した。

これで本塁打王争いはゲレーロJr.が46本、サルバドール・ペレスカンザスシティ・ロイヤルズ)が45本、大谷翔平ロサンゼルス・エンゼルス)が44本、セミエンが40本とまったく予測がつかない争いになりそうだ。

◆ゲレーロJr.にトップの座を奪われた大谷翔平 チームの勢いが個人タイトルの行方にも影響か

◆大谷翔平と熾烈なキング争い…ゲレーロJr.はなぜHRを量産できるのか 打撃の進化をデータ分析

◆ゲレーロJr.の躍進でMVP論争再燃 マドン監督はあくまで大谷翔平推し

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします