甲子園

Advertisement

【甲子園】よみがえる「カット打法」の是非を問う 投手の渾身の一球をファウルで逃げることは打者の技術とほめてよいのかコラム

【甲子園】よみがえる「カット打法」の是非を問う 投手の渾身の一球をファウルで逃げることは打者の技術とほめてよいのか

ちょうど10年前の夏の甲子園で騒ぎがおきた。 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平が卒業した年の夏、岩手県の強豪校になっている花巻東は2回戦で彦根東を9-5で、3回戦で現東北楽天ゴールデンイーグルスの安樂智大擁する済美を延…

【高校野球】無難に語られる「守りの野球」という常套句 先攻後攻の優位性と“攻撃からリズムを作る”可能性についてコラム

【高校野球】無難に語られる「守りの野球」という常套句 先攻後攻の優位性と“攻撃からリズムを作る”可能性について

AERA増刊号で夏の甲子園出場校のプロフィールが紹介されるが、これは出場校所在地の朝日新聞各支局勤務の記者が客観的に記述するものである。それに対して、NHKの中継では各試合の序盤に両チームの代表者がチームを簡単に紹介して…

【甲子園】学生野球の監督はOBがやるべし 「18歳の自分を見ているよう」後輩との対戦は言葉にできない苦悩ありコラム

【甲子園】学生野球の監督はOBがやるべし 「18歳の自分を見ているよう」後輩との対戦は言葉にできない苦悩あり

夏の甲子園が始まり、例年発刊される週刊朝日増刊号は同誌が休刊のためAERAによる増刊号となったものの、体裁も内容も昨年までと同様だ。ここでは全代表校の監督の経歴が紹介されている。 毎年確認するのは監督の出身高校である。今…

【センバツ】第95回大会でレフトゴロの珍事 「甲子園で安打」の夢を消し去った“痛恨”の走塁ミスコラム

【センバツ】第95回大会でレフトゴロの珍事 「甲子園で安打」の夢を消し去った“痛恨”の走塁ミス

高校野球では外野手の守備位置が浅いこともあり、かつては痛烈な打球を右翼手が的確に俊敏に処理をし打者走者を一塁でアウトにすることが多かった。いわゆる「ライトゴロ」である。最近は守備位置が下がっているのか、以前より見かけなく…