【調べてみた】J1リーグ、身長の低い選手ランキングを作成…150cm代の選手も

日本のプロサッカーリーグ、Jリーグ。

1993年に10クラブでスタートしたこのリーグは、今現在3部リーグ制で構成されています。2018年時点で、J1リーグは18クラブ、J2リーグは22クラブ、J3クラブは14クラブと計54クラブで運営されています。

今回編集部では、この中からJ1リーグに絞り、「身長の低い選手ランキング」(トップ3)を作成しました。

Jリーガーの平均身長は178cmとも言われ、身長の低さでプロ選手を目指すことを諦めてしまうサッカー少年も少なからずいるという話を聞くこともあります。

しかし、国内最高峰、J1リーグの舞台でも小柄な身長の選手がそれぞれの強みを活かして活躍していることを知るのは、いろいろな刺激になるのではないでしょうか。

大事なのは身長ではなく、自らができる能力を磨いていくことなのだと気づくことができます。

なお、今回の集計にあたっては、Jリーグの公式サイトを利用しました。(※情報は2018年4月2日時点)

J1リーグに所属していた合計選手数は632名。そのうち外国出身の選手を除くと、国内選手は計545名でした。

3位 161cm

仲川輝人 選手(横浜F・マリノス)

2位 158cm

チャナティップ 選手(北海道コンサドーレ札幌)

1位 155cm

この身長の選手は2人います。

山口和樹 選手(湘南ベルマーレ)

宜しくお願いします! ・ #湘南ベルマーレ #26

A post shared by 山口和樹 / Yamaguchi Kazuki (@y.kazuki__8) on

中川寛斗 選手(柏レイソル)

いかがでしたでしょうか。150cm代でもJ1リーグで活躍している選手がいるのは驚きですね。メッシでも169cm、かのマラドーナも165cmだったのに…。

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします