【サッカー】元日本代表MF稲本潤一インタビュー/第1回:トレーニング編 長くプレーできる秘訣「身体の変化を見逃さない」

W杯を3大会経験するなどトップクラスのキャリアを送ってきた稲本潤一(写真:編集部)

サッカー元日本代表MF稲本潤一は、42歳を迎えた現在もなお輝きを放っている。18日には、関東サッカーリーグ1部に所属する南葛SCへの加入が発表され、チームを通じて「子どもの頃に夢中で読んでいた『キャプテン翼』から誕生したチームでサッカーができることを非常に光栄に思ってます!!チームの今シーズンの目標であるJFL昇格に少しでも貢献できるよう、自分のすべてを出し、チームのためにプレーしたいと思います!」とコメントした。

今回はインタビューを通じて、海外リーグでプレーし、日本代表としてもW杯を3大会経験するなどトップクラスのキャリアを育むことができた理由に迫った。「フィジカル」「技術」「日本と欧州の意識の違い」……。現役生活を支えてきた話は興味深い。第1回は「トレーニング編」と題し、個人的に取り組んできたコンディショニングなどについて聞いた。

◆【インタビュー:技術編】稲本潤一が語る海外の記憶 C.ロナウドからボールを奪えた理由とは

■主眼は「ケガ防止」

ベテランと呼ばれるようになった現在、稲本選手のトレーニングの主眼は「ケガ防止」に置かれている。そこにフォーカスするようになったのは、2016年に右膝前十字靭帯を痛めたことがきっかけ。しかし、その時すでに36歳。普通の選手であれば、とうに現役引退を迎えている年齢だ。そこから復活し、さらに現役生活を伸ばしている秘密はどこにあるのか。トレーニングの一端を明かしてくれた。

「いかにケガを減らして常に練習参加できるか、という部分は年齢を重ねるにつれて大事なポイントになってきます。ケガをした場合、年齢が上がると治りは遅くなりますし、コンディションを向上させる作業も時間がかかります。ケガが治ったからといって、すぐに『はい、もう試合に出られますよ』とはなかなかいかない。やはりケガに対するリスク管理は常に考えています」

具体的なトレーニングメニューは、チームのフィジカルトレーナーと日々相談しながら決めることになる。例えば、チームの全体練習がハードだった場合、当日の筋トレなどは負荷を減らす必要が出てくるからだ。そのため、「これを欠かさず毎日行います」というトレーニングメニューは存在しない。それでも、年齢を重ねると方向性は見えてくるという。

「ボクの場合は筋トレをたくさん行った方が、コンディションが良いようです。ですので、チーム練習とのバランスにもよりますが、筋トレを重視しています。以前は筋肉の質も含めて、普段の練習で筋量は維持できていましたし、むしろ増していたと思います。でも、現在は通常の練習だけでは足りないですし、良いコンディションに持っていくにはチーム練習以外のトレーニングが必要で、それは若い時よりも増えました」

もともと稲本選手はフィジカルの強さには定評があった。その上で、ここにきてトレーニングの時間を増やし、否が応でも落ちてくるフィジカルパワーを補っているのだから、選手寿命が延びるのも納得だろう。

さらに、コンディショニングにも細心の注意を払っており、「バランスの取れた食事を取るのは当然で、睡眠も8時間はキープするようにしている」そうだ。もちろん、多くの選手が行っている交代浴なども普段から実践している。そのほか、体調管理の一環として、栄養補給にも注目。1年ほど前から「SPURT」(※1)というドリンクを愛飲しているという。

「例えば、毎日朝食をしっかり取れればいいのですが、それがどうしても難しい日もあります。そんな慌ただしい時、食事にプラス一品という感覚で飲んでいますね。練習の前後にも飲んでいますし、小腹が空いた時なども摂取しています。練習でパワーが出やすくなりますし、練習後のリカバリーの速さなども、飲むと飲まないとでは大違いです」


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします