【北京五輪】開会式で気づかされた「日本」の凋落 ニッポンは「オワコン」となるのか

北京五輪の開会式で大きなオリンピックリングのロゴと大きな雪の結晶を披露(C)Getty Images

東京の完敗」。

某スポーツ会社の元代表取締役社長はSNSにそう書き込んでいた。

北京五輪開会式の後、そこかしこのSNSに多くのスポーツ関係者による似たような書き込みが散見された。

残念ながら……としていいだろう、私もそう感じた関係者のひとりだ。

五輪はしょせん政治の道具である

ナチス・ドイツが巧みに利用したように、世界中の国や地域の選手が一堂に集い、また通常ならそれを目にしようと世界中から人々が自国に足を運び、現代では衛星回線、インターネット回線などを介し、まさに地球上の隅々まで情報発信がなされるだけに、国威発揚に最適な一大国際イベントだ。

一時日本でも「アスリート・ファースト」なる造語がもてはやされたものだが、どこの国のトップも「たかが選手」たちのために、「兆」の単位の予算を費やしスポーツの祭典など催しはしない。それでも、国際オリンピック委員会(IOC)が開催国を募るたびに、先進国がこぞって手を挙げ、招致活動に血眼を晒してまで参加して来たからには、国家としてそれだけの効能があるからだ。

■日本のソフトウェア、クリエイティビティの敗北か

国威発揚、巨額予算の確保と執行、通常では想定が難しい経済効果、それらが生み出すインフラ整備、技術革新、国民からの支持、そして最後に国内スポーツ界の底上げ……主なる効能はこの辺りだろう。

2013年9月8日未明、今は亡きジャック・ロゲ元IOC会長が「トキオ!」と読み上げるのを、松岡修造さんらがつめかけた東京・日比谷の東証会館(当時)で目の当たりにした関係者のひとりとして、私自身「東京五輪推進派」ではあった。そのこころは、こうした巨額予算執行が可能な大イベントの到来なくして、日本におけるスポーツ・マーケットの拡充は不可能と考えられたからだ。建設より50余年が立ち老朽化が著しく、身の危険さえ感じた国立競技場を東京のど真ん中で建て替えるなどは、五輪がなければ土台無理な相談だったろう。

2016年の東京五輪招致においてリオデジャネイロに敗れた際、末席に名を連ねた者として、2020年の東京五輪開催決定は嬉しさばかりだった。その後日常においても、「どんな大会を作り上げよう」と、開会式のストーリーについても、多くの関係者とともに夢を語ったものだ。

5Gなど高速通信網を用いた「初めての五輪」となるゆえ、プロジェクション・マッピングどころか、ホログラム技術を使用し、VR/AR空間を演出するなど、「技術立国」であるはずの自国のショーケースを具現化できると夢想さえした。

しかし、新型コロナウイルスが猛威を振るう中、大会は前代未聞の延期となり、さらには開催に先立ち、大会組織委員会の会長を含め、開会式関係者が続々と辞任するなど、なかなか例を見ない不祥事続き、自国民からさえも批判のボルテージは最高潮に達した。私自身、東京マラソンなどスポーツ・イベントの運営に携わってきた元同業者として、現場への同情は禁じ得ないものの、国家予算を行使している限り、批判を免れないのは当然だった。

期待された開会式当日を迎えたものの、社会的にはさして浸透もしていないダイバーシティについての能書きを延々と、しかも解説されなければ理解不能な、印象にも残らないパフォーマンスを陳列され、何の脈略もない式典を見せつけられた。それは閉会式に至っても変わらないまま、世界的には名も知られていない女優が意味不明の朗唱などし、本人さえも困惑したという逸話を残した。アスリートの素晴らしいパフォーマンスの数々とは裏腹に、スポーツ・ビジネス関係者は落胆の末、東京五輪を終えた。少なくとも私の周辺の多くは同じ反応だった。

一方、張芸謀チャン・イーモウ)を総監督とした北京五輪の開会式には、統一感あふれる「映像美」という観点において圧倒された。絶賛するほどの仕上がりだったかは意見が分かれる。しかし、あまりにも白けた、「復興五輪」だったはずの、コンセプトがまったく見えない東京五輪の開会式を見せられた半年後においては、北京のプレゼンテーションを賞賛する以外にあるまい。

NTT関係者の情報によると「中国のチームラボ」と呼ばれる「Blackbow」なる制作集団も関与したという。現在ではMIT出身者など100以上のメンバーを抱えるアートとテクノロジーの融合を担うこの集団は、2010年に3人でスタートを切ったばかり。平昌から北京への引き継ぎのクリエイティブもこの集団を起用したそうだが、東京ではなぜそうした新しいクリエイターを抜擢することができなかったのだろう

中国を無駄に礼賛する意図はひとつもない

中国が公表している五輪予算は、建前上の金額であり、米メディア『インサイダー』においては、実際の経費は4兆5000億円に上ると暴露されるなど、闇は深いように思われる。ましてや、聖火の最終ランナーにウイグル族の女性選手を起用、国際的に沸き起こる人権侵害批判をかわそうとする「あざとさ」は、看過すべきではないだろう。

◆北京五輪開会式、聖火点火にウイグル族女子選手 批判意識か

それでもこうした開会式での「演出の妙」は、巨額を費やせばクオリティが上がるという代物でもない。

むしろ、東京五輪も一般では信じられないほどの、それ相応の予算を費やしたにもかかわらず、あの程度の完成度であった問題点は、日本の社会構造「ソフトウェア」そのものであり、国と東京都を挙げて開催したイベントにおいて、日本のクリエイティビティは「この程度」という事実を世界に晒してしまった。

中国は北京五輪の開会式について、カネを費やすだけではなく、しっかりと演出をプレゼンテーション、優れた「ソフトウェア」を保有する国である点を、世界に誇示し、それに成功した。故に北京と比較し「東京は完敗」だったのだ。

そんな考えをめぐらしながら、各国選手団のカラフルな衣装による入場行進を眺めていると、今度は著名デザイナーである知人から、こんな感想が届いた。「日本選手団の衣装がひどい」と。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします