【北京五輪/スピードスケート】高木美帆、500m自己ベスト更新で「銀」 会心のレースで通算5個目のメダル

500mで自己ベストを更新した高木美帆(C)Getty Images

北京五輪は13日、スピードスケート女子500メートルが国家スピードスケート館で行われ、高木美帆は自己ベストを更新する37秒12で銀メダルを獲得。1500メートルに続き、今五輪2個目の銀メダルに輝いた。

金メダルはエリン・ジャクソン(米国)、銅メダルはアンゲリナ・ゴリコワ(ROC)。日本勢は郷亜里砂が37秒983で15位、平昌五輪からの連覇を狙った小平奈緒が38秒09で17位だった。

◆高木美帆 500の銀に「正直驚いている」1500の銀で落胆「500は出るかどうかも考えた」

■小平は連覇ならず

高木は今五輪で500メートル、1000メートル、1500メートル(銀メダル)、3000メートル(6位入賞)、団体パシュートの5種目最大7レースに挑戦。今大会4本目のレースながら、自己ベストを更新する会心の内容で自身通算5個目のメダルを手にした。

平昌五輪1000メートルで銀、500メートルで金メダルに輝いた小平は、4度目の五輪出場で日本女子選手初の連覇を狙ったが悔しさの残る結果となった。17日には1000メートルへの出場を予定している。

◆韓国“元女王”李相花さん号泣 盟友の小平奈緒のレース直後、放送席で涙止まらず

◆米老舗メディアが“日本人メダル候補”を選出 女子団体パシュートのメダルも有力視

◆小林陵侑の大活躍で船木和喜に再脚光 欧州メディアが長野五輪での「夢のような飛翔」を回顧

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします