【MLB】大谷翔平、2打席連続アーチで球場騒然 左中間へ10試合ぶりの今季5号&自身初6号満塁弾

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は9日(日本時間10日)、本拠地でのタンパベイ・レイズ戦に「3番DH」で先発出場。6回の第3打席で今季5号本塁打を放った。

さらに、続く7回の第4打席では2打席連続となる6号満塁本塁打を放つなど大暴れ。前日のナショナルズ戦では9回に同点二塁打を放ち、その後サヨナラの生還で感情を爆発させた大谷だが、自身10試合ぶり、さらに今季本拠地初となる一発で復調気配が漂っている。

◆【実際の映像/衝撃の2打席連続弾】大谷翔平の打棒爆発で球場騒然! 10試合ぶりの5号&2打席連続6号満塁本塁打

■MLB通算100号にも王手

大谷は6回の第3打席で、レイズ2番手の左腕ビークスが投じた初球のカッターをフルスイング。打球は左中間フェンスを越える久しぶりの本塁打となった。打球角度は22度、飛距離は407フィート(約124メートル)。直前にはトラウトも本塁打を放っており球場は騒然。主軸の2者連続弾でエンゼルスはこの回3点を追加した。

大谷の勢いはまったく衰えず、続く7回無死満塁で迎えた第4打席では右腕フォーチャーが投じた甘めのカッターを見逃さず、またも逆方向へ打った瞬間にそれとわかる完璧なアーチを放った。飛距離413フィート(約126メートル)の一発でMLB通算100号にも王手をかけている。

◆【実際の映像/衝撃の2打席連続弾】大谷翔平の打棒爆発で球場騒然! 10試合ぶりの5号&2打席連続6号満塁本塁打

◆なぜ大谷翔平は「世紀の野球選手」なのか 米メディアが“二刀流経験者”による評価を交えて考察

◆大谷翔平、トラウトの連弾に米メディアも興奮「これぞ史上最もエキサイティングなチーム」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします