【THE MATCH 2022】K-1の怪物・野杁正明 vs. SB世界王者・海人 メインを喰う可能性もある「国内敵なし」決戦

(C)AbemaTV, Inc.

RISE世界フェザー級王者・那須川天心とK-1三階級制覇王者・武尊が対戦するビッグイベント「Yogibo presents THE MATCH 2022」が19日、東京ドームにて開催される。日本格闘技界の最大興行としても注目を集めるメガイベントには、実力あり話題性ありの「RISE」「K-1」両団体を代表する猛者たちが大集結。

メインカードの「天心vs.武尊」はもちろん、両陣営のプライドをかけた「対抗戦」には、記者会見で激しく煽り合い乱闘の末、流血騒動にまで発展した“喧嘩マッチ”「YA-MAN vs. 芦澤竜誠」、年の差11歳、憧れのファイターと実現した夢の空手対決「原口健飛 vs. 山崎秀晃」など全16試合の豪華カードが目白押し。団体の壁を越えて繰り広げられる、それぞれの“世紀の一戦”に注目だ。

なかでも「裏メイン」として注目を集めるのは、第2代K-1 WORLD GPウェルター級王者の“怪物”野杁正明と、第6代RISEライト級王者の“SB(シュートボクシング)の最高傑作”こと海人の一戦だ。

◆武尊が「笑った」瞬間、那須川天心は平常心でいられるのか “世紀の一戦”試合展開予想

■「国内に敵なし」同士の頂上決戦

両者とも「国内に敵なし」と言わしめ世界を目指す強者で、直近の戦績は、野杁が2019年8月以降9連勝(4連続KO)、海人が2020年8月から11連勝(3連続KO)となっている。下馬評では「野杁有利」の声が多いものの、海人は2018年にSBの世界王者になったほか、RISE、RIZIN、KNOCK OUTなどさまざまな団体で階級、ルールを問わずに挑戦し築き上げてきた確かなスキルと実績があり、「海人有利」の声も根強い。

試合では両者が得意とする「近距離」での攻防が予想される。海人が野杁のペースに飲まれる展開か、海人が積極的に仕掛けて野杁の鉄壁ガードを崩すのか。はたまた海人が長いリーチを生かして距離をとるか。互いにローキックやカーフキックを織り交ぜつつ、ヒザ蹴りや左ボディなどカウンターを狙う技術戦となりそうだ。

近距離から急所を的確に突く野杁はもちろん、海人も4月の試合で元RISEウエルター級王者“ブラックパンサー”ベイノアを1ラウンドで秒殺KOするなど決定力に長けている。当て勘の良さが際立つ両者だけにKO決着となる可能性もあるが、ファンの間では「どちらもダウンしたり、KO負けする姿が想像できない」との声も多く上がっており、まさに予測不能の好カードとなっている。

「レベルの差を見せつけたい」と圧勝を宣言している両者。中量級の頂上決戦を制し、「国内に敵なし」の肩書きを背負って、世界に羽ばたくのはどちらか。瞬き厳禁の熱戦が期待される。

◆武尊が「笑った」瞬間、那須川天心は平常心でいられるのか “世紀の一戦”試合展開予想

◆【THE MATCH 2022/天心vs武尊】6月19日 対戦カード、試合結果、中継情報一覧

◆【天心vs武尊】朝倉未来ら格闘家たちの「THE MATCH 2022」勝敗予想まとめ

文・工藤愛梨(SPREAD編集部)


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします