【MLB】「魔法だ!」ピッチング・ニンジャが考察する大谷翔平、自責点0の理由 

「えげつない球5選」の1位に選出された大谷翔平(C)Getty Images

FOX sports』は12日、「ピッチング・ニンジャが選ぶ先週のもっともえげつないボール5選。ショウヘイ・オオタニがトップ」という見出しで、特集記事として掲載。これは“ピッチング・ニンジャ”の愛称で知られる投球分析家・ロブ・フリードマン氏による恒例の企画で、大谷翔平の投球が1位に選出された。現地時間6日(日本時間7日)のマイアミ・マーリンズ戦の投球動画とともに、同氏がコメントを添えている。

◆【実際の映像】大谷翔平、「えげつない球5選」の1位に選出 ピッチング・ニンジャも絶賛の投球の様子

■「えげつない球5選」の1位に選出

1位に選ばれた大谷のボールは「100マイル(約161キロ)の速球、92マイル(約148キロ)のスプリッター、86マイル(約138キロ)のスライダー」。フリードマン氏はまず「このオーバーレイ(複数の球種を重ね合わせた動画)は、どうしてオオタニが打たれず、なぜア・リーグで最高の投手のひとりなのかを表している」と記した上で、「オオタニの速球は90マイル(約145キロ)後半から100マイル以上出るので、打者はどの球が来るのか、ほんの一瞬で判断しなければならず、その判断にはコンマ1秒もかけられない」と解説。

さらに、変化球にも言及し「打者は様々な方向に様々なスピードで動く球にも対処しなければならない。このオーバーレイのオオタニのスライダーは18インチ(約46センチ)横に滑った。スプリッターは速球のように見えるが、その後、地面に飛び込む(ように鋭く落ちる)」とした。そして、「オオタニが28.2イニングで自責点0の理由が分かるだろう。これぞ魔法だ!」と称賛した。

また大谷の投球を紹介したフリードマン氏のTwitterでは、空振りする打者に対し「幸運を!」というメッセージまで添えられている。

2位にはサンディ・アルカンタラマイアミ・マーリンズ)の101マイル(約163キロ)のシンカーが入り、3位はアレックス・マノアトロント・ブルージェイズ)の95マイル(約153キロ)のツーシーム、4位マイケル・キングニューヨーク・ヤンキース)のスライダー、5位ブラスダー・グラテロルロサンゼルス・ドジャース)のツーシームと続いた。

◆【実際の映像】大谷翔平、「えげつない球5選」の1位に選出 ピッチング・ニンジャも絶賛の投球の様子

◆好投続く大谷翔平、女房役が要因明かす「素晴らしいコミュケーション」「球速の足し算、引き算」

◆トラウトの不振深刻 エンゼルス打線復活のカギは大谷翔平が見せた流し打ちにあり  ウオルシュが指摘

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします