【MLB】大谷翔平、2本目24号は右翼への大飛球 「現実とは思えない」と現地実況も驚愕399フィート弾

この日2本目となる24号ムーンショットを右翼へ放った大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は4日(日本時間5日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのオークランド・アスレチックス戦に「2番DH」で先発出場。初回の第1打席に今季23号ソロ、7回の第4打席に今季24号ソロの1試合2本塁打を放った。

◆【実際の映像】大谷翔平、今季5度目の1試合2発! 24号大飛球に「現実とは思えない」と実況驚愕

■イチローに並ぶメジャー通算117本目

両チームに複数本塁打が飛び出す乱打戦で大谷のバットが止まらない。

初回の第1打席で左中間への今季23号、5回の第3打席で中前安打を放ち、迎えた7回の第4打席だった。大谷は7回2死走者なしの場面で、相手3番手カービー・スニードの2球目スライダーを捉えると、打球は高い放物線を描いて右翼スタンドへ飛び込んだ。

この日2本目となる24号は、飛距離399フィート(約122メートル)、打球速度107.1マイル(約172キロ)。逆方向左中間への低空ライナー弾の1本目とは真逆となる、打球角度39度を計測した右翼ムーンショットに、現地実況局は「現実とは思えない!」と興奮した。

大谷の1試合2発は6月21日(同22日)のカンザスシティ・ロイヤルズ戦以来、今季5度目。これでマイク・トラウトに並ぶ今季のチームトップ・タイとなり、メジャー通算117本塁打はイチロー(元シアトル・マリナーズなど)に並んだ。

なお、試合は8-6でアスレチックスがリードしている。

◆【実際の映像】大谷翔平、今季5度目の1試合2発! 24号大飛球に「現実とは思えない」と実況驚愕

◆大谷翔平の23号、24号を含む7本のソロ・ホームランで敗戦の珍記録 エンゼルス

◆大谷翔平のトレードが実現しなかった理由 「エンゼルスの要求が高過ぎたか」米メディア解説

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします