【WBC】米国代表にまた大物 フィリーズの「打てて走れる捕手」リアルミュートの参戦決定

フィリーズ・リアルミュート(C)Getty Images

来年3月に開催される第5回ワールド・ベースボール・クラシックWBC)の米国代表にフィラデルフィア・フィリーズJ.T.リアルミュートが参加することが決まった。MLB公式Twitterが9日(日本時間10日)、発表した。すでに同代表には、マイク・トラウトロサンゼルス・エンゼルス)ら大物の参戦が続々決まっており、2連覇を狙える陣容が整いつつある。

◆米メディアが同代表スタメン予想 マイク・トラウトが3番 ジャッジは、ハーパーは、大谷翔平との対戦は……

■8年連続で2桁本塁打

今回選出されたリアルミュートは名実ともに打てる捕手だ。

2015年から今季まで8年連続で2桁本塁打を放ち、メジャー通算では124本塁打、483打点(現地9日の試合前時点)を誇る。オールスターゲームにも3度選ばれており、今季もここまで92試合に出場し、打率,265、12本塁打、52打点を記録。さらに、盗塁も13(通算70)決めており、捕手としては珍しく快足も持ち合わせている。

連覇を狙う米国代表は、すでにトラウトが主将を務めることを発表しており、これまでにセントルイス・カージナルスの大砲、ポール・ゴールドシュミットノーラン・アレナド、さらにボストン・レッドソックストレバー・ストーリーも出場の意向を示しており、今回のリアルミュートで5人目の参戦となった。スター選手が続々と集結している米国代表。最強のチーム作りが進んでおり、3大会ぶりの頂点を狙う侍ジャパンにとっては強敵となりそうだ。

トラウトは現在、背中の痛みで戦線を離れているが、チームSNSによるとティーバッティングなどを開始しており、復調が見込まれる。

◆トラウトがWBC米国代表への参加を明言 大谷も対戦熱望 エンゼルス、侍ジャパンへの合流容認か

◆大谷翔平、日米通算1000奪三振達成 3回に打球直撃のアクシデントも続投

◆なぜ大谷翔平は「世紀の野球選手」なのか 米メディアが“二刀流経験者”による評価を交えて考察

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします