【MLB】大谷翔平をMVP争いでリードか ジャッジが2試合連続51号弾 シーズン63発ペース

ヤンキースのアーロン・ジャッジ(C)Getty Images

ニューヨーク・ヤンキースアーロン・ジャッジは30日(日本時間31日)、敵地エンゼル・スタジアムでのロサンゼルス・エンゼルス戦に「3番センター」で先発出場。4回の第3打席でライト・オーバーの51号3ランを叩き込んだ。これでジャッジは、アメリカン・リーグ記録となっているロジャー・マリスの61本を上回るシーズン63発ペース。

◆【実際の映像】ジャッジ、2試合連続の51号弾 現地スタジアムも歓声に包まれる

■大台の60本まで残り9本

前日の鬱憤を晴らすような一発だった。50号ソロを放ちながら、大谷翔平の29号2ランで敗戦となったヤンキース打線がこの日は爆発。2点リードで迎えた4回、エンゼルス先発マイク・マイヤーズのストレートを強振、51号3ランとなった。

マリスが記録した61本はメジャーでもアンタッチャブルとされて来た。筋肉増強剤全盛の1990年代後半、マーク・マグワイアサミー・ソーサバリー・ボンズの3人により塗り替えられたが、識者の間ではいまだマリスの記録が「本物」とされるケースも散見される。

もしジャッジがマリスの記録を塗り替えるようであれば、MVPはかなり現実のものとなるだろう。

◆MLBシーズン最多ホームラン記録10傑

◆【実際の映像】大谷翔平、2試合連続の29号2ランに本拠地大熱狂!大谷も笑顔でハイタッチ

◆大谷翔平、11勝目翌日の28号弾含む猛打賞に敵軍メディアも「オオタニがMVP」だと絶賛の声

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします