【MLB】大谷翔平がMLB通算400奪三振、最速162キロ8回111球1失点の熱投で規定投球回まで「26」 

8回111球を投げて1失点と好投した大谷翔平 (C) Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は3日(日本時間4日)、本拠地エンゼル・スタジアムで行われたヒューストン・アストロズ戦に「3番DH・投手」で先発出場。8回6安打5奪三振1失点で降板した。

◆【実際の映像】大谷翔平、83マイルの急降下カーブ MLB通算400奪三振達成のウイニングショット

■変化球中心の組み立てで8回を投げ切る

規定投球回と規定打席のダブル達成が視界に入る大谷が、今季23度目の「リアル二刀流」のマウンドで好投を見せた。

大谷は初回、味方の好守もあり三者凡退に打ち取ると、2回にはこの日2個目の三振を奪い、MLB通算400奪三振を達成する。その後も変化球中心の組み立てで打ち取っていたが、5回に2死走者二塁からJ.J.マティエビッチにタイムリーを打たれ、先制点を許す。

6回にはアストロズの上位打線にヒットと死球で2死満塁のピンチを迎えたが、5番のクリスチャン・バスケスをライトフライに打ち取り窮地をしのぐ。その後7回、8回と投げ切りこの回をもって降板した。

大谷は8回を投げ5奪三振、1失点。111球(ストライク80球)を投げ、最速は100.6マイル(約162キロ)、防御率は2.58。大谷の今季の投球回は136となり、規定投球回達成まであと「26」に迫っている。

打っては4打数0安打で打率.267。自らのバットでもチームを援護したいところ。

試合は8回終了時点で1-1の同点となっている。

◆【実際の映像】大谷翔平、83マイルの急降下カーブ MLB通算400奪三振達成のウイニングショット

◆「大谷翔平は今季15勝」とベーブ・ルースの孫が予言 “リアル二刀流”は「オオタニが初めて」と絶賛

◆大谷翔平は「歴史を刻んだ」「すべてをやり遂げた」と、ベーブ・ルース以来の偉業を米メディアも祝福

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします