【超RIZIN/RIZIN.38】朝倉未来のメイウェザー戦、「2ラウンドKO劇」は起こるべくして起きたのか 試合展開の“舞台裏”を分析して振り返る

第4試合:フロイド・メイウェザーvs.朝倉未来(C)RIZIN FF

2部制大会「The Battle Cats presents 超RIZIN(スーパーライジン)」と「湘南美容クリニック presents RIZIN.38」が25日、さいたまスーパーアリーナにて開催された。

「超RIZIN」は、海外への配信時間も考慮され正午スタート。大会終了後、那須川天心やラッパーAK-69のハーフタイムショーを挟み、夕刻より通常のナンバーシリーズ「RIZIN.38」が行われた。ファンにとっては、全11試合を観戦できる、大満足の1日となったことだろう。

ここでは両大会のメインイベント、「フロイド・メイウェザー vs. 朝倉未来」と「堀口恭司 vs. 金太郎」を中心に振り返る。

◆朝倉未来「ボクシングもMMAもどちらも素晴らしい競技」 メイウェザー戦から一夜、心境つづる

■試合前から「勝ち確信」のメイウェザー劇場

今大会で最も世間を沸かせたのは、紛れもなくフロイド・メイウェザー朝倉未来の一戦だった。結果は大方の予想通り、メイウェザーの勝利(※エキシビションのため、公式記録にはならない)で終わったわけだが、朝倉が予想以上の健闘を見せ、世界的一戦で爪痕を残した。試合展開と高度な技術を、彼らのインタビューなどの証言を元に紐解いていく。

事前インタビューや公開練習のときから、メイウェザーは余裕の構えだった。朝倉の印象を問われても「知っているのはサウスポーということだけ」。眼中にないと言わんばかりの発言をし「俺自身が世界最高でベスト」「すぐに終わらせたいと思えば終わらせる。第3ラウンドで終わらせたいならそこで終わらせる」など余裕のコメントを残していた。

朝倉が会場入りしたのは午前10時30分頃。対してメイウェザーは興行開始1時間前になっても、ホテルから姿を現さず。結局、会場に到着したのはゴングまでわずか1時間ほどのタイミングだった。通常の試合では考えられないことだ。そして、試合開始直前ギリギリにバンテージを巻いた。

ウォーミングアップは軽めのミット打ちのみ。試合前のファイターとは到底思えないアップだった。朝倉の言葉を借りれば、公開練習同様“太鼓の達人”のようなミット打ちだ。試合後、メイウェザーは「昨日は3時間しか寝ていない。試合の3時間前に起きた」と驚愕の発言を残している。「誰でもウォームアップは必要だけど、ジムで練習する時も熱いシャワーを浴びるだけですぐに動くことを長くやっているので問題なかった」と驚愕の発言を残している。

分析力の高さで知られるメイウェザーが、本当に朝倉の分析や対策を一切行わず、試合に挑んだかは定かではない。だが、いずれにしてもかなりの自信を持ってエキシビションに挑んだことは確かだ。

■朝倉未来、宣言通りの「KO狙い」を貫徹

一方の朝倉は試合前の様子を見る限り、いつになく冷静に見えた。50戦無敗のプロボクサーとの対決にも、恐れは一切感じさせなかった。事前インタビューでは「ボクシングルールは初めてなので、楽しみですね」と語り、発言通り、静かに決戦の時を待っていた。

両者が入場し、試合開始のゴングが打ち鳴らされた。

第1ラウンド、初のボクシングルールにも臆せず朝倉はボディ打ちやストレートで前に出る。そして、左のオーバーハンド、プレッシャーをかけて左フックをガードの上から強打。メイウェザーは焦る様子は一切ないが、朝倉の果敢な攻めに会場が沸いた。

メイウェザーは純粋なボクサーとの対戦経験が豊富。もし朝倉が太刀打ちできるとするならば、一気に仕掛けて圧力で詰めていくこと、もしくはMMAファイターならではの独特なリズムで対抗することだった。その点で、朝倉はファンや関係者の想像を超える爪痕を残したといえる。宣言通り、前に出てKOを狙った。それだけでなく確かにパンチを当てていたのだ。

第2ラウンド、詰めるメイウェザーに朝倉は左アッパーを放つ。これもメイウェザー対策の一つだろう。メイウェザーの飛び込みにはクリンチボクシングで対抗する。近距離でしつこく連打を見舞い、一切の油断を見せない。

だが、ノーガードで圧をかけるメイウェザーはコーナーを背にした朝倉に右をヒット、さらにコーナーから脱出した朝倉に、容赦ない右のカウンターを見舞った。それを受け、朝倉がダウンを喫したタイミングで、第2ラウンド終了のゴングが鳴った。しかし朝倉は足元がおぼつかず、そのままレフェリーストップでTKO負けとなった。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします